ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 多汗症

<<   作成日時 : 2005/10/09 12:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

「多汗症」で検索し,自○○○皮膚科クリニック-blogがヒットした.
美容皮膚科クリニックとのことだが,男性の患者さんも多いという.
私はあまり気にしたことはなかったのだが,
美肌のためのケミカルピーリングなんてのも「予想外」に多いようだ.

他のページやリンク先のWebサイトを拝見するにつれ,
近くだったら一度行ってみたいかしらんなんて,思ってもみたり...
..でも東京なんだ,これが.
スタッフのみなさん自らが,美を追求され(?),
ダイエットにも取り組まれているみたいですね.

さて,本題.
このクリニックでの多汗症治療はボトックス
そう,食中毒で有名なボツリヌス菌.
その毒素を,汗を抑えたいところの皮下に注射(注入)するんですよ.
私も東京医科歯科大学の先生から教わったことがあって,
私のサイトサブ・コンテンツ[手のひらの汗]
[−神経伝達レベルで汗を止める(2)−][A型ボツリヌス毒素療法]
の中で解説していますから,ご参考まで.

この方法,注射の時がちょっと痛いのかもね..^^;
残念ながらいま医療保険が,
眼瞼痙攣,片側顔面痙攣,痙性斜頸の治療にしか認められてなく,
多汗症治療には自費になってしまうんですね.
相場はだいたい10万円と聞いていますが,
このクリックの料金表だと,初回が\126,000.2回め以降が\105,000.
また手のひら,足のうらそれぞれに,そのお金がかかっちゃうんだな.
こいつがとっても痛い..(>_<)

手のひらの汗の対処方法は,
ここに述べたボトックス治療以外にもいろいろあります.
ネットで検索すると,手術をやっている病院もいろいろ出てきます.
でも神経は一度切ってしまうと,もう戻りません.
たとえ手のひらの汗が止まったとしても,
身体の他のところの汗が異常に増えたなどの副作用も多いようです.
よく考えてくださいね.
汗もひとつの個性.なにも恥じることなどありません.
あなたに合った方法をみつけ,うまくつきあわれることを願います.

※この記事には後日談があります.ここで紹介したトラックバック先のクリニックさん.
 迷惑だったのかトラバを末梢されてしまいましたので,リンクを外し伏字にしました.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
汗止め液使用報告の掲載
管理人は1999年2月にしんじょう薬局というHPを開設しました。... ...続きを見る
げんき?
2005/11/26 05:20
塩アル液使用報告の掲載
管理人は1999年2月にしんじょう薬局というHPを開設しました。... ...続きを見る
げんき?
2005/11/28 09:00
塩アル液使用報告の掲載
管理人は1999年2月にしんじょう薬局というHPを開設しました。... ...続きを見る
げんき?
2005/11/29 04:27
塩アル液使用報告の掲載
管理人は1999年2月にしんじょう薬局というHPを開設しました。... ...続きを見る
げんき?
2005/11/29 08:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
しんじょうさんへ,お願いです..m(__)m
お手数ですが,できましたらそれぞれの記事ページにTBできませんか?
上の4つは,全部同じページが開いてしまいます.
ゆう星☆
2005/11/30 00:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
多汗症 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる