ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 弱みを見せる大切さ

<<   作成日時 : 2005/12/27 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

もう随分前のこと.テレビ番組で,ある学校の取組みを紹介していた.
自分の苦手なこと,人に見られたくないと思うところ.
知られたら困る,恥ずかしいって出来事.
それをあえて1つ,クラスのみんなの前で発表しようっていうやつだ.

本サイトプロフィールにも書いていますが,
私は昔,転属した新規の部署で,孤立無援の状態になりました.
たった4人ほどの部署でしたから,そんなには目立ちはしませんが,
でも誰とも話せないという辛さは想像以上です.

そういう状況にあって,部長さんがよく言っていた言葉が,
「おまえよぅ,もっと胸襟開けよ..」です.
※胸襟を開く:心中を隠すところなく打ち明ける。[大辞林 提供:三省堂]

なにを言うのかこのおっさん,俺の気持ちも知らないくせに,
全然人の気持ちも聞こうともしないくせに...
そんなふうに頑なに心を閉ざし,自分の思いを知られることを避けていました.
それが自分を守ることだと信じてのことです.

でもね,これって違ったんですよ.
胸襟開いて,心を丸裸にすると,その痛みも相手に伝わるんです.
そりゃあ,弱みを知られて突っ込まれる危険と裏腹にもあります.
けれども,人って,その弱さを知ると,あえてそこを突こうとはしないんですね.
それどころか,なんだ,そんなことで...
そう言って安心させてさえくれるものなのです.

この壁を乗り越えられず,自分を出すまい,知られまい..
そうやって毎日をビクビク過ごしている方はいませんか?
もし,あっ,それ私だよって思ったあなた.
いま,ありったけの勇気を振り絞って,自分の苦手をカミングアウトしてみませんか?
なんだ,そんなの..俺もそう..私もこんなんなんだよ.
そんな言葉が返ってくるかもしれません.
そしたら少し,あなたの心は軽くなると思います.
自分でがんじがらめに縛っていた心が,少し開放されて,周りが輝いてきます.

自分の弱みをみせることは全然恥ずかしいことではありません.
その苦手に対処していくことは,みんなに克服宣言してからでもいいのでは?
きっとみんなも応援してくれますよ.
さぁ勇気をもって,1歩を踏み出しましょう!

「人間関係ショートショート−心のバリア−」も,ご参考まで.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
一緒にがんばりましょう
今日は,昨年11月末に,しんじょう薬局さんの「汗の悩み掲示板」に書かれていた, 心温まるコメントを紹介したい. 2005/11/28(Mon) 21:54,高校生のあすみさんから「手をつなぐ」ことの悩みに対しての, ゆきこさんからの返信だ. ...続きを見る
ここからぶろぐ
2006/01/05 22:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね。弱みを見せられる勇気ってありますよね。でも、私の周りにそのようにして、周囲に甘えているように感じる人もいます。「おれコレできないからカンベンしてよー」という感じで、努力をしない。弱みを見せてもうまくいくような職場に雰囲気みたいなものがあると思いますね。
少し成熟した職場でないと、また目標のしっかりしている職場でないと、弊害もあるような気がします。
ぷろPT
2005/12/29 12:06
それって,本当の意味での「弱み」でしょうか?
「できない」のは,おっしゃる通り「甘え」ているだけであって,
やればできることなのでは?
ゆう星☆
2005/12/29 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
弱みを見せる大切さ ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる