ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 手のひらの汗の対処法

<<   作成日時 : 2005/12/10 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

外用薬,理学的療法,内服薬,手術,神経ブロック,心身医学的療法,その他諸々...
「手のひらの汗の対処法」について,過去に私が研究(勉強)したものを一覧形式でまとめています.

それぞれの療法で,利点・難点いろいろありますし,
効果のある人,ない人さまざまです.
でも,手のひらの汗が多くて困るって方に,
こんなの気のせい,気にしすぎだよとか医者から言われて傷ついている方に,
こなにもいろんな方法があるんだよってことを,まず知っていただけたなら,
少しは心が軽くなるんじゃないのかな...
そんな思いで,まとめてみたページです.

詳しく知りたい方は,一覧表から各記事にリンクも貼ってあります.
その療法を行っている医療機関も見ることができます.

胸腔鏡下胸部交感神経遮断術(ETS)が医療保険の適用となってから,
プチ整形的感覚で,安易に手術に走られる方も見受けられます.
けれども,これは大きな副作用も伴い,
汗の悩みから解放されることがない場合も少なくありません.
また手掌多汗症に関しては,深い知識を持たれたドクターも,
臨床現場にそれほど多くはないのが現状です.
そんな背景において,
自分の汗まみれの手のひらと対峙するのは自分自身となります.
なので,まずこの症状に対して,正確な知識を身につけてください.

なんでこんな手のひらなんだと,嫌いたくなるかもしれません.
けれども,それは大切な自分の手,身体の一部なのです.
どうか,うまくその手のひらと向き合い,自分の大切な人生を謳歌してください.
自分の手のひらを愛してくれるあなたを,私・ゆう星☆は応援します.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
介護予防関連記事のアクセスがすごい
このブログ「ここからぶろぐ」を立ち上げて4ヵ月経ちました. 1日1記事を基本に記事をアップして来ましたが, 中でも介護予防のことを書いた記事のアクセスが多いです. これにはちょっと驚きです. 医療関係のサイトからもリンク依頼をいただいたり,感謝感謝です. ...続きを見る
ここからぶろぐ
2006/01/29 12:56
うつ病にボツリヌス?
Treatment of Depression with Botulinum Toxin A: A Case Series 皮膚科関連の雑誌 Dermatologic Surgery の中に, こんな記事を発見しました. ...続きを見る
ここからぶろぐ
2006/05/26 00:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、治療の時に手の発汗異常で自律神経の状態を見ることはあるのですが、書かれているような病態があることはあまり認識していませんでした。確かに、手はいろんなものに触れるし、敏感な場所なので気になると思います。そうですね、人の悩みってその本人にしか分からないものですから、周囲の人も配慮する必要がありますね。
ぷろPT
2005/12/11 16:52
> 発汗異常で自律神経の状態を見ることはある
そうですか..そういうPTさんもいるんだ..
そういえば汗の仕事をしていた時に,リハビリ室にも何度か行きましたね.
脊損とか片麻痺とか,頚椎損傷もありましたっけ,そういう方の汗を計ったりしました.

手掌多汗症がもっと世の中に認知され,近視と同じように見られれば,つまりは1つの個性みたく定着してしまえば,それで悩む人もかなり減ると思うんですけどね.
近視=病気と思う方はないでしょう?でも,多汗症=病気みたいに思って,すぐにも手術しようとする人が出てくるんです.ネット上のいい加減な情報にも呆れます.
私はこれに長く携わった者として,もう少し正しい社会認知をしたいと考えています.
ゆう星☆
2005/12/11 19:22
私も若いときから手の汗が多かったので、初めてゆう星☆さんのHPへきた頃に「てのひらの汗」のページは興味を持って読みました。ずいぶんいろいろと対処法があるんですね。
紙をもつとヘナヘナになるし、さわったところに跡がつくといけないので気を使うということはありましたが、手を洗ったり、いつもハンカチを持っていてふくようにしたり、本にはカバーをかけておくし、紙を押さえるときはてのひらでなく甲で押さえたり、その時その時で対応していて、特に精神的に悩むということはありませんでした。
神経質で小心、ちょっとしたことも気になる性格でしたから手に汗が出てしまったのかもしれません。
親からはカエルの手、などと言われたりしましたが(笑)そんなものだと思っていましたし、いじめれれたこともなかったです。
Suzu
2005/12/12 01:51
フォークダンスのサークルに入った時は、やっぱり手をつなぐのでちょっと気にしましたが、そこで気が付いたのは、手に汗をかく人って案外いるし、もう手を水につけたような人もいて、でも誰もそんなこと問題にしていませんでした。
その人も他のサークルへパーティーなどでどんどん出かけていってましたし、普通のことでしたね。あのころは何でもノンビリしていたのでしょうか。
その後は年齢とともに私もずーずーしくなったのか(笑)手にたくさん汗をかくことはあまりなくなりました。
今は若い人たちは手だけでなく、汗をかくことそのものも嫌う傾向があるように感じます。なんか少し違うような気がします・・・。
Suzu
2005/12/12 01:52
Suzuさん.
カエルの手と言われても笑い飛ばせたあなたは偉い!
だからいじめられることもなく,うまく汗とつきあえたのだと思います.
最近の子はという言い方は適切ではありませんが,打たれ弱くなったと思います.簡単に傷つき,自分に対する他人の目線,思いを気にしすぎる...もっと自分をしっかりもって堂々たれと思うのですが,これも個性を否定する社会ゆえかもしれません.
ゆう星☆
2005/12/12 20:53
私も手汗で困ってます。
イチゴ
2009/12/31 15:56
イチゴさん,はじめまして.
手汗でお困りとのこと.
右の「汗の輪」から,汗の輪掲示板においでください.
お話しましょう.
ゆう星☆
2009/12/31 18:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
手のひらの汗の対処法 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる