ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ETSと代償性発汗

<<   作成日時 : 2006/06/29 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

とある国立病院(独立行政法人国立病院機構)のWebサイトで,
多汗症の手術に関する記載を見ました.
『「手掌多汗症」に対する胸腔鏡下胸部交感神経節切除術について』
と題されたページです.

ここにはまず,胸腔鏡を用いた胸部交感神経節切除術の素晴らしさが,
次のような言葉で記されています.
多くの患者さんに、「積極的な行動がとれるようになった」、「仕事の能率が上がるようになった」、「生まれ変わったみたい」等々と喜ばれています。
…(略)…
手術後には縫合する必要はなく、傷跡はほとんど目立ちません。多汗症で悩んでいる患者さんには若い方が多くおられますが、傷跡が残らないことは大変大きなメリットです。
そしてこの後,
ただし、この手術にも「代償性発汗」という欠点があります。これは、手術後に背中、お尻、太ももなどの発汗が多くなる現象です。これに対する有効な治療法はありません。「手掌多汗症」の手術を受けられる時には、自分は本当に手の汗が多くて日常生活にも支障があるのか、代償性発汗を受け入れられるか、よく考えてから決められて下さい。
と続いています.

さて,手汗でテストもまともに受けられない.
フォークダンスで手を繋ぐのがとっても憂鬱で困ってしまう.
彼氏,彼女と手もつなげない...
そんな悩みをかかえ,親に相談しても「気にしすぎ」などと言われ相手にもされない.
そんな若者が,このページを目にしたら,どう思うのでしょう.

あっ,やってみたいな.そう思うのではないでしょうか?
でも「約11万円」という費用を見て躊躇し,思い悩む...
そんな構図が私の頭には浮かんでくるのですが,どうでしょう?

ページには代償性発汗のグラフと称するものも,一緒に添付されていますが,
この記載から,一体どれくらいの副作用を想像できるでしょうか?
「予想される合併症」としての代償性発汗の説明文は
手の発汗がとまると、その分、背中やお尻、太腿などに汗をかきやすくなります。
そして,先に示したような,「よく考えてから決められて下さい。」
という自己責任とも取れるような言い回し...
「代償性発汗を受け入れられるか」が,
この記載だけで,判断できるものなのでしょうか?

実際,診療現場では,これだけ見せてどうします?
..ではないと信じます.

先日,この代償性発汗の酷さを,映像で見られるテレビ番組を私は見ました.
このことについては,また別の記事で書こうと思っていますが,
個人差はあるものの,また術式によってその出方が違うとは言うものの,
その尋常でない汗の量については,ちゃんと,医療知識の乏しい人にでも,
分かりやすく解説するのが医療者としての使命ではないでしょうか?
それはWebページとて,同じではないでしょうか?

手汗に悩む方に少しでも役に立てるなら...
そういう思いで書かれたページなのだと思います.
けれども手汗に悩む多くの皆さんは,手だから困るんだという方ばかりではない.
手の汗が止まった代りに,身体から汗が噴き出したでは困るんですよね.
ETSを謳うページには,どうかこの代償性発汗のことも一緒に,
みなにわかり易く書いていただけることを望みます.

「よく考え」られる,判断材料として...


※汗関連情報は「ゆう星☆汗の輪」へどうぞ.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ETSと代償性発汗 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる