ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS クリップ法(ETS)の是非を問う!

<<   作成日時 : 2006/07/21 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

一昨日,からだ元気科の記事を書きました.
交感神経遮断の方法(手術)の最後に,クリップで挟むものが紹介されました.

「早期であれば交感神経が50〜60%の確率で元通りになる.
代償性発汗がどうしても耐えられない場合,この方法であれば戻せる可能性がある.」
この言葉がどうしても腑に落ちなかった私は,
「不勉強でよく存じませんが」としながら,
「同時に手汗も戻ってしまいますし,現れた代償性発汗がなくなるのか...」
ということを書かせていただきました.
この手術に安易に走られる方がいるのではないかと,そういう懸念からです.

そしたら今朝,ある方(HNを明かしても差し支えないとは思いますが)から,
てのひら.com にその情報が載っている旨の連絡をいただきました.
私が最後に書いた「山本兼平クリニック・兼平山本クリニック」のページです.

ここには,このクリップ法(クランプ法)の問題が2つ記載されています.
まず1点め.
交感神経幹を完全に遮断するほどの強さで締め付けようとしないため再発する
確かに.
クリップの除去を将来行うことを念頭においているため
という理由ですと,しっかりと留めないことが想像できますね.
となると..おっしゃる通り,
手汗は止まらない,代償性発汗は出るという最悪状態...

2点めは,問題の起こった場合の除去のこと.
クリップを除去する手術が極めて困難なことです。すなわち、患者様が後日、クリップ除去を希望されたとしても、時間が経過すると、クリップ周囲には肺の癒着や血管増生のためクリップが組織内に埋没してしまい、クリップの所在がわからないだけでなく交感神経幹や伴走血管の解剖も不明となっていることが少なくありません。
癒着..手術を経験された方は聞かれたことがありますよね.
人間,一度切ると,そこは元通りのキレイなままではないんですよね.
クリップ法に限らず,手汗が再発してETSをやり直すなんて場合もあるようですが,
この時にも,この癒着が大きな問題になると,南の方の病院で伺ったことがあります.

そして問題の代償性発汗について.
クリップの除去ができたとしても、クリップを取りはずす際に交感神経そのものを損傷した場合ではよりいっそうの代償生発汗の悪化さえ生じます。一方ではクリップで数ヶ月挟んでいたのですから、その期間に(不可逆性変化が起こり)交感神経が壊死に陥った場合などでは無機能化し、クリップ除去によっても代償性発汗は改善せず、そのまま厳しい代償性発汗が永続します
でしょ!やっぱり,代償性発汗はクリップを外しても消えないんです.
(消える場合もあるかもしれませんが..)
というか,その除去手術によって,
さらに神経を傷つけ,そのひどさを増すこともあるというんですねぇ..

私のWebサイトの「代償性発汗」のページには
「反射性発汗(reflex sweating)と代償性発汗(compensatory sweating)」
という小難しい話を載せています.
代償性発汗というのは,実は,
手のひらの汗が減った分,他の部位に「代償して」汗が増えるワケではなく,
汗出せ命令を出した交感神経節後線維からは,元来視床下部に対して汗出せ命令を出したよというフィードバックがかかっており,それで汗の量が適量に保たれているのだが,手術によってそのフィードバックが断たれるために汗が増える(出っ放しになる)
汗を出したぞという結果が命令元に伝わらないために,
神経が繋がっている他のところに汗出せ命令が出っ放しになって,多量の発汗となる.
というお話です.
先のクリップ除去後の代償性発汗の永続の理由は,こう考えると納得できますね.

海外では,このクリップ除去後の改善されない代償性発汗ゆえに,
訴訟にもなっているそうです(てのひら.com).

放映されてすでに4ヶ月余.
これはいい方法がある..と思われ,病院に駆けつけ,
もう手術されてしまった方も,おみえになるかもしれませんね.
もっと早くに,この記事を挙げることができればよかったのですが...
今後,他のインターネットサイトや私のページをご覧になり,
このクリップ法に興味を持たれた方がみえましたら,
どうかここに書いたことを熟読され,どうされるかをご判断ください.
手汗の悩みが,それ以上に大きくならぬよう,お祈りしています.


※汗関連情報は「ゆう星☆汗の輪」へどうぞ.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
胸部交感神経遮断術(ETS)の今日
第14回日本発汗学会総会(2006/8/25-26名古屋) シンポジウム「掌蹠多汗症の総合的治療」の最後の演題 掌蹠多汗症に対する胸部交感神経遮断術 オーダーメイド治療をめざして 吉岡 洋(名古屋第二赤十字病院 呼吸器外科) について,今回お話しましょう. ...続きを見る
ここからぶろぐ
2006/09/03 09:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆう星☆さん、迅速なご対応を感謝申し上げます。
てのひら.comのクリップに関する記事は、TV放送後の問題を象徴しているように思えまして危惧しております。
しんじょう
2006/07/22 05:13
ゆう星☆さんの文章、今じっくり読ませて頂いて、ちょっとビックリしているところです!
なんだか怖い…。
子供じみたコメントしか出来ませんが、手術って本当に簡単に考えている方が、たくさんいらっしゃると思います!
どうやって、みんなにこの事実を知ってもらうか…?
手術しようかなぁと考えた事もある私!
でも、今は高校生でもPCを使える時代…。もっと、もっとこういった真実が広くみんなに伝わったら…と、願うばかりです。
トト
2006/07/22 06:06
しんじょうさん.ホントはもっと早くに記事にすべきだったかもって,悔やまれてなりません.てのひら.comの記事は奥深いと思われます.
なぜ汗を量らせるだけで,こういうドクターの話をETSで取り上げないのか..私はあの番組の制作会社の意見を聞きたいよ.希望を持たせたかったのかもしれないけれど...
ゆう星☆
2006/07/22 11:40
トトさん.ホントにそうなんですよ.
ネットやテレビの情報を鵜呑みにしてしまう人が,いまは多すぎる.
一度疑って,自分の目でちゃんと視ることを教えたいです.
ゆう星☆
2006/07/22 11:41
ゆう星☆さん読んでて恐ろしかったです。
>海外では,このクリップ除去後の改善されない代償性発汗ゆえに,
>訴訟にもなっているそうです
医師の方達はもちろんこの事を知っていますよね?
もう何と言っていいか・・・
これ以上手術の被害が出ないよう祈るばかりです。
ゆう星☆さん早い対応をありがとうございました。


はっぴぃ
2006/07/22 16:29
ですよね.
知ってると思いますが,それ以前に手汗のこと自体知らんのじゃないかと...
ゆう星☆
2006/07/22 19:35
ゆう星☆さん本当に早い対応ありがとうございます。

うわー。読んでいるだけで、痛くなってきました(><)

番組のインタビューで「切るのは怖いですね。私はクリップにして100点満点です」
と満足している女性のコメント。これを聞いた、何も勉強していない
人は、かなりの希望を持つと思います。

私も、周りに理解してもらえる番組にと思ってましたが
見せた人に
「ぐずぐずしてないで、クリップすれば?」って返ってきそうです…。

「手掌多汗症物語」だけみせようカナ。。

人と触れ合うことの恐怖感が、心に住み着いて
ゆくいきさつが、恋愛にまで支障をきたす。
これは、よく表現されていたと思いました。

それから、代償性発汗の厳しさの表現が
かなりわかりやすかったです。
ゆきこ
2006/07/22 22:54
そっかぁ..100点満点なんて発言があったか..くぅ〜

実は汗の番組は過去にもいくつかあって,ビデオも撮り貯めています.
またいつか,それらを見直して記事にしたいとは思っています.
今回の放映については,もっといろんな人の感想も聞いてみたいよね.
実際に代汗に困ってみえる方とか...
ゆう星☆
2006/07/23 01:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリップ法(ETS)の是非を問う! ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる