ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 顔の汗

<<   作成日時 : 2006/07/30 12:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 4

最近,顔汗でお悩みの方のネット書き込みをよくお見受けします.
前に汗の輪掲示板にも2人,同時期に訪れてくださいましたが,
顔の汗には,あまり詳しくないので,国立国会図書館の蔵書を検索してみました.

菅屋潤壹:顔面発汗の神経性機序と生理学的意義に関する総合的検討
文部省科学研究費補助金研究成果報告書(1998-1999)
こんな文献が見つかりました.
...残念ながら,手持ちではありません.

しかし,顔面発汗の神経性機序と生理学的意義...
これは読んでみたいですねぇ.
この前,永坂先生の額の汗は脳を冷やすラジエーターだってお話をしましたが,
この文献には,どんな「生理学的意義」が書いてあるのでしょう...

国立情報学研究所
「科学研究費補助金採択課題・成果概要データベース」で調べてみましょう.

1.顔面各部の発汗量と皮膚血流量を暑熱環境下(30〜42℃,40%)の準平衡状態において測定した。発汗量の体温に対する関係から回帰直線の勾配(発汗調節の感度)と切片(発汗閾値)を算出した。個人差はあるが,感度は前額>頸部>頬部の順になり,閾値は逆の順序になった。感度が高い部位ほど発汗閾値体温が低い関係があり,四肢・躯幹部の各部位間での関係と一致した。大半の例では頬部では発汗が起こらなかった。この発汗特性は,前額は暑熱環境下で多量な発汗を生じ,中性温環境下でも容易に精神性刺激に反応することをよく説明する。

2.皮膚血流量は暑熱負荷初期から頬部と前額が頸部や前腕より多く,暑熱負荷中も同様の傾向で増加した。皮膚血流と発汗量との関係は直線関係を示し,皮膚血管拡張と発汗活動との強い関連が示唆された。

3.イオントフォレーシス(QSART法)によりアセチルコリンとピロカルピンを皮内に投与し顔面汗腺の感受性を調べた。頬部汗腺の感受性は,前腕より低いが前額と同程度であることが判明し,頬部が発汗しないのは発汗閾値が極端に高いためであると推測された。

4.顔面神経内に汗腺支配の遠心性線維が存在するか否かを検討するため,微小電極法により顔面神経束から交感神経活動の導出を試みたが予期した神経活動は得られなかった。交感神経活動そのものが存在しないのか,手技の問題かは明らかにできなかった。

5.顔面での熱放散効果は大きいが,この熱放散は,前額では主として発汗による蒸発性機序によって行われるのに対し,頬部では通常は皮膚血流増大による非蒸発性機序により行われるが,高度の暑熱負荷では発汗による蒸発性機序も加わって効率的に行われると結論された。

6.顔面でも四肢・躯幹と同様に発汗神経が皮膚血管拡張を仲介している可能性が示唆された。
[研究成果報告(和文)を引用]
さすがに難しく書いてありますねぇ..でも,これ見ただけで引いちゃいますね..^^;

要点だけまとめてみましょう.
・顔の中でも,額は首や頬に比べ低い温度から発汗し,少しの温度変化でも汗をかきやすい(高感度).だから額は,30℃に満たない環境温度下でも,ちょっとした精神的ストレスで汗が出やすい.
・額や頬の血流量は腕などに比べ環境温が上がるとすぐに増え(血管が拡張し),発汗量もそれと同じように増える.
・顔からの熱放散は,おもに額に汗を出し蒸発による気化熱によって行われる.それでも追いつかない場合は頬も動員(通常,頬は汗をかきにくい).

少し汗ばむかなという感じの(気温の)時に,
ちょっと緊張したでけで額から汗がポトポトとほとばしる..
そんな経験は,多くの方がされているのではないかと思いますが,
それは額が,他の部位に比べて低い温度から発汗し,しかもちょっとした温度変化で,
汗を出しやすいようになっているからだったんですね.

また外部の温度だけでなく,頭を使えば頭が熱くなります.
その熱をいち早く逃がし,脳の温度が異常に上がり過ぎないように汗を出す.
これは,我々の命を守るための優れたしくみとも考えられますよね.
やっぱり額は脳のラジエーター.
手のひらと同じように,額の汗も心の窓なのですね.

顔汗(の悩み)を塩化アルミニウム液で克服された方の体験談が,
ここにあります.

接客中,商談中..額からこぼれる汗は,時にマイナスになることもあります.
ですから,このようなやり方で一時的に汗を抑える.
それも社会生活の一場面では必要なことなのでしょうね.
でも,前と,そして今回書きましたように,額の汗は必然.
完全に止めようなどと考えず,うまくつきあっていかれることを願います.


※汗関連情報は「ゆう星☆汗の輪」へどうぞ.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
顔汗対策
顔汗に悩む方に1つのヒントが,五味先生の掲示板にありました. ...続きを見る
ここからぶろぐ
2007/07/21 22:40
アクセス トップ1
ここ「ここからぶろぐ」のPageView Top10(2011/9/27現在)です。 ...続きを見る
ここからぶろぐ
2011/10/01 19:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆう星☆さん、こんにちは。
ブログの紹介をありがとうございます。
発汗部位の違いはあっても、ご本人には深刻な悩みですね。
塩アル液は対症療法になりますが、
それでもお役に立てればうれしいです。
しんじょう
2006/07/31 04:58
いえ.大事な情報はもっと紹介しないとね.
一人でも多くの方が,汗の悩みから解放されて欲しいです.
ゆう星☆
2006/07/31 22:43
ゆう星さんの文献検索力ってスゴイですね。また、額の汗ってラジエターの役割というのもおもしろいですね。最近はやっている、身体から毒を出すと言うことですが、汗の成分や運動の種類なんかにも関心がありますね。
ぷろPT
2006/08/01 12:53
ぷろPTさん.ご無沙汰です.
最近リハとか書いてなくて..^^;
でも介護予防の方は気になっています.

> 汗の成分や運動の種類
これとデトックスですかぁ...
なかなか難しいお題ですね.う〜ん.

そうそう,文献って結構フリーでネットにあるんですよね.
これなら,皆さんも見られますから...
ゆう星☆
2006/08/01 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
顔の汗 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる