ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 多汗症の診断と治療

<<   作成日時 : 2006/07/07 21:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日ご紹介した「マグノリア皮膚科クリニック」
この「美容皮膚科女医によるブログ」6/7の記事「多汗症治療とは?」

ここに,こんな記載があります.
多汗症は、その字が示す通り、汗が多い体質のことです。「一日何ml以上汗をかくから多汗症」という明確な定義はなく、本人が日常生活に困るほど汗をかくかどうかで多汗症かどうか判断されます。
多汗症は重症な方からそうでもない方までいらっしゃいます。重症な場合は、ちょっとしたきっかけで汗が手などからポトポトと滴り落ちてきたりします。
そうなんです.汗が多い体質...
そして「本人が日常生活に困るほど汗をかくかどうか」ってことなんです.

裏を返せば,いくら汗が多くても,本人が困らなければ
それは治療の対象にはならないってことなんですよね.

私は昔,汗の量を測る機械を研究開発し,
「○分間に○mg以上汗をかくから多汗症」なんて診断をしようという,
そういう仕事に携わったことがあります.
結局,臨床試験(治験)がうまく進められなくて,
多汗症の診断基準はできなかったんですけれどね(苦笑)

こういう機械は,いくつかのメーカーから販売されています.
でも,病院ではあまり見ませんよね(売れてないんだわ).
この前テレビ(からだ元気科)では,やっていましたが...
それで汗の量を測ってもらって,
あなたは「手掌多汗症」です.そんな診断名がつけられるとしたら,
いま手汗で困っている方は嬉しいのかな?
病名がついたら,安心できるのかな?まわりに説明できるのかな?

いま,多汗症に有効とされるボトックス治療は,
悲しいことに,保険診療が認められていません
美容整形などでは,あたり前のようにされる(対脇汗)ようになってきましたが,
その費用は,全部自分持ちなんですよね.
健康保険証..出してもムダです.エステと同じ.

眼瞼痙攣や痙性斜頸にはきくのに,多汗症にはきかない.
もっと多汗症がメジャーになれば,保険適用になるのかなぁ...


※汗関連情報は「ゆう星☆汗の輪」へどうぞ.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
多汗症の診断と治療 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる