ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 皮膚のシリコンコート

<<   作成日時 : 2006/09/01 00:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 4

札幌医科大学附属病院皮膚科のページ
皮膚科では全身を覆っている皮膚すべての病気、髪の毛、爪、汗の異常につき診療しています。
札幌にお住まいの方に朗報!
「汗の異常」..ここでは診てくれるんですね.

そうです.
ここの皮膚科には,嵯峨賢次先生がおみえになります.
先日の第14回日本発汗学会総会シンポジウム「掌蹠多汗症の総合的治療」で,
「水道水イオントフォレーシスによる多汗症の治療」を講演された先生です.

その時の発表から大事な部分をピックアップしましょう.
講演を聴いてメモした私のノートから...

まず水道水イオントフォレーシスのやり方です.
初期治療:
 1回30分,週に3回治療を行う.
 2−3週間後(6−9回治療後)に発汗が減少する.
維持療法:
 週に1回の維持療法を行う.
最初の2,3週間は,週に3回.
こりゃ〜近くじゃないと無理だよね.

水道水イオントフォレーシスの作用機序
電流刺激により汗孔の角化がおこり汗孔が閉塞する.
不活性電極における水の電気分解により発生したH+,OH-がエクリン汗腺の分泌を抑制する.
(Sato K, Timm DE, Sato F. et al.: Generation and transit of H+ is critical for inhibition of palmar sweating by iontophoresis in water. J Appl Physiol 75: 2258-1164, 1993.) 
「手のひらの汗−効果器レベルで汗を止める(2)−」でも書きました.
このときの引用文献が,実はこの嵯峨先生の「掌蹠多汗症の治療」だったのですよね.
汗孔が角化って,なんだかちょっと...
あるいは,イオン?..まだ,解明されてはいないんですね..^^;

さてさて,タイトルに書いた皮膚のシリコンコート
シリコンコートをしても汗孔は開いていて,電流が流れる
皮膚電導度が40%に低下する.
シリコンコートをしなければ60%の電流が表皮を流れる.
汗孔を流れる電流が発汗を抑制し,皮膚を流れる電流は発汗抑制に関与しない. 
効きが悪い場合,皮膚表面にシリコングリースを塗ってみる.
「汗の輪」にも書いていますが,これツボですよ!

その他諸々
陽極側が有効性が高い(0.1mA以下の場合陰極側では効果が出にくい).
水道水を用いた場合,陰極側はアルカリ性,陽極側は酸性になる.
陽極側pHが低い方が,汗の抑制効果が高い.
イオントフォレーシス後の汗腺に対し in vitro で発汗誘導を行ってみると,
コリン感受性および最大発汗量の低下がみられた.

水道水イオントフォレーシス禁忌の患者
・妊婦
・ペースメーカー埋め込み患者
・体内に金属を埋め込んでいる患者
・治療部位に切創・皮膚潰瘍のある患者
(Hronberger et al.: Recognition, diagnosis, and treatment of primary focal hyperhidrosis. J Am Acad Dermatol 2004;51:274-286.) 

水道水イオントフォレーシス療法.
通院治療は大変かもしれませんが,米国製の家庭用治療器ドライオニックが,
ネットでは有名ですね.
それを主題とした,利用者自身のブログなんかもあります.
そこにもいろいろな体験談が書かれていますが,
長年この方法で手汗治療をされてきた先生の,
今回のまとめも,大変参考になるのではないでしょうか?

ちなみに,嵯峨先生のところには,このドライオニックも置いてあり,
1ヶ月ほどのお試しトライ(気に入れば自分で購入)もされているとか..
海外モノですし,買って効かなかったら嫌ですものね.
数に限りがあると思いますので,難しいかもしれませんが,
先生のお近くにお住まいの方で,手汗治療を受けたいな,
そう思われている方は,一度受診されてみるのもいいでしょう.


※嵯峨賢次先生へ
今回の掲載は,先生の事前許可を受けてはいません.
学会でお聴きした内容を,私が勝手にここに掲載しています.
内容はすでに先生が過去に論文にされたものばかりと拝察します.
苦労してドライオニックを買ったのだけれど効かないと言われる方に,
少しでも助けになればとの思いです.
もし著作等,なにか問題がございます場合は,ご連絡ください.


※汗関連情報は「ゆう星☆汗の輪」へどうぞ.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アポエクリン腺
汗を作って出してるところを「汗腺」と呼んでいますが, それがエクリン腺とアポクリン腺だって話は,みなさんもよくご存知ですよね. ...続きを見る
ここからぶろぐ
2006/09/20 23:02
発汗学(その2)
日本発汗学会機関誌「発汗学」のことは,以前紹介しました. ...続きを見る
ここからぶろぐ
2007/05/21 22:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「水道水イオントフォレーシス療法」って、そういう療法なんですネ!またまた勉強になりましたっ!(でもトトは、このまま手、足、脇と拭き拭き状態でいくんだモンッ!)
トト
2006/09/01 05:50
えっ?こんなので解りますか?
ゆう星☆
2006/09/02 10:32
む・む・難しい〜〜!!でも雰囲気は、なんとな〜く…??伝わってきます。。。
トト
2006/09/03 01:05
この記事はドライオニックの利用者の方に,シリコンコートをお知らせしたかったものなのよ.
それと水道水イオントフォレーシスのやり方を,これはドクターに向けて...
解りやすいようには,あまり噛み砕いてないからね.
ゆう星☆
2006/09/03 09:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
皮膚のシリコンコート ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる