ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜でワキ汗治療(A型ボツリヌス毒素)

<<   作成日時 : 2006/09/17 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

横浜でワキ汗..いいところがみつかりました.
..といっても,ネットで拾っただけなのですが...

あおば皮ふ科(横浜市青葉区荏子田3-1-1)
「多汗症」のページがあります.
(前略)…わきの下の多汗症の場合,治療法は10-20%塩化アルミニウム水溶液などの塗り薬,安定剤などの飲み薬,脂肪吸引による汗腺除去,交感神経節切断術,ボツリヌス菌毒素の注射などがあります.症状の軽い方は塗り薬や飲み薬が有効です.それで効果が不十分である場合はボツリヌス菌毒素の注射をお勧めします.食中毒で聞かれる名前なので,恐い薬のような印象を与えますが,全身の副作用が起こるとされる量の数百分の1で効果が出るので,注射時の痛み以外には副作用がほとんどありませんし,生活上の制約も全くありません.効果は他の治療に比べて最も強力です.効果の持続は3〜6ヶ月ですが,繰り返しの施術は可能です.ただし,保険は適応されません.(院長は2年前にボツリヌス毒素による腋窩多汗症の治療について日本で初めて論文発表しました.)
長期間の効果を求める方は,脂肪吸引による汗腺除去や交感神経節切断術となりますが,費用が高額で副作用が強い割に効果が不十分なこともあるので,治療の選択は慎重に行う必要があります.手術に関しても残念ながら保険は適応されません.各治療法のメリット,デメリットを理解して自分にあった治療を受けられることをお勧めします.

院長は2年前にボツリヌス毒素による腋窩多汗症の治療について日本で初めて論文発表しました.
というのは,私は存じませんでしたが,
この記載内容を見る限り,大変よくワキ汗を解ってみえる先生だと拝察します.

湧川基史ほか Botulinum Toxin type A による腋窩多汗症の治療
湧川基史, 藤山美夏, 吉田貴子, 安藤巌夫, 高梨真教
Botulinum toxin type Aを用いた腋窩多汗症の治療
日本皮膚科学会雑誌111 (11) 1571-6, 2001.10

第100回日本皮膚科学会総会・学術大会
その開催は2001年4月6-8日.京王プラザホテル.
いまから5年前ですね.
そうですか.その時すでに
腋窩多汗症患者20名にBTX-A (DysportR)を片側腋窩に50 unit (U) ずつ合計100 U皮内注射し,治療前と治療1ヶ月後の発汗量について桜井・Montagna発汗試験紙を用いて検討
され,
一部の患者については片側のみの治療とし,治療3カ月後までの発汗量について治療側,未治療側で比較検討した(half-side test).その結果,治療後の発汗量は全例で低下し,治療1カ月後の汗面積は平均で約6分の1にまで減少した.治療3カ月後の治療側での汗面積は,7例中4例では著明な発汗減少を保っていたが,2例においては再燃がみられた.ほとんど全例において,注射時の痛みがみられた以外,とくに副作用はみられなかった.以上より, BTX-Aは,腋窩多汗症の治療に大変有効な薬剤であることが確認された.
という結果を出されていたのだ.

ほとんど全例において,注射時の痛みがみられた
という,この治療時の除痛の工夫.そして,
BTX-A投与で問題となるのは,BTX-Aに対する抗体産生が起こりうることである.多汗症に対する検討ではまだ報告されてないが,高単位のBTX-Aの投与によって後に追加投与した場合に効果がなくなることが報告されている.
抗体の産生を避けるためには,BTX-Aの1回量を100U (BotoxR) までとすることや,1カ月以内の反復投与を避けることなどが言われているが,BotoxR 100U以内であれば,反復投与しても問題ないとの報告もある.
ということも考慮しながら,
ボツリヌス毒素療法は更なる進歩をとげていくことになるのでしょうか.
願わくは,この療法の保険が,多汗症にも適応になると嬉しいですね.


※今回ご紹介した施設は,私が実際に存じているところではありません.
 あくまでもインターネットで検索し,良心的かも..と感じた先なので,
 受診される場合は,ご自身でしっかりとご判断ください.

※汗関連情報は「ゆう星☆汗の輪」へどうぞ.

 そしてこの記事をご覧になり,私はここで治療受けたぞ!
 ..という方がみえましたら,どんな感じだったのか,
 コメントしてくれると,嬉しいかもです..(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
とても高くて、保険適用されない限り「多汗症」で悩んでる方は、続けられませんよね。
それも、一回きりの治療じゃないんですから…
抗体産生の事も初めて知りました!
勉強になりました!
トト
2006/09/17 07:18
汗が減る,異常に出過ぎない..
そういう感覚をつかむことで,心が落ち着き,
一度きりで済む方もみえるようですよ.
ゆう星☆
2006/09/17 11:49
えっ!そうなんですかっ!
(メモ、メモ。。。)
トト
2006/09/17 17:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜でワキ汗治療(A型ボツリヌス毒素) ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる