ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 汗かき人形

<<   作成日時 : 2006/10/07 08:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんなタイトルつけると,なんだか怪談じみてますよね.
秋も深まってまいりましたが...お〜寒.

みなさん,知ってます?
マネキンが汗をかくんですよ.

発汗マネキン トムとサム
「TOMV」、「SAM」ともに、人の皮膚温・発汗状態を模擬し、手先、足先、頭以外の全身から産熱、発汗します。
なんかすごくない?

「衣服内気候」なんて言葉.聞かれたことはありませんか?
汗をかいた時の「蒸れ感」を評価する代表的な装置として発汗マネキン「TOMV」を開発しています
とは,開発元の東洋紡.
衣服の研究開発の裏には,こんなモノが役に立っていたりするんですね.

さて,このトムさんとサムさん.汗のかき方が違うのだそうな.
トムさんは
飽和蒸気送入法
マネキンの外部で飽和蒸気を作り、パイプを通してマネキン頭部からマネキン体内部に飽和蒸気を送り込み、マネキンの体表面にある発汗孔から外に汗を出す方法
「汗」を水蒸気の形で出しているのですね.

一方のサムさんは
液汗間欠吐出法
マネキンの体表面にある発汗孔から液体の汗(水)を、数秒から数十秒に1回、間欠的に吐出する方法
これは微量の水をピュッピュッて感じで,人間の汗と同じように間歇泉のように出す.
まさに究極の発汗人形といったところですね.

この汗のかき方の違いから,トムさんでは
汗が蒸発しやすい少量発汗での評価は本機器で十分ですが、汗が流れ落ちるような多量発汗での評価はできませんでした。
だそうです.

「SAM」は、消費熱量の計測や発汗時の放熱性(クーリング性)、発汗後の「冷え感」の評価ができます。
「SAM」は、皮膚温を一定に維持する定温制御のみならず、一定の電力を供給(産熱量を一定に保つ)したり、皮膚温、発汗量を経時変化させることもできます。このため、さまざまな人体状況が再現できます。
まいったね,こりゃ.

ところでこのトムさん,サムさん.掌蹠多汗は再現できるのかしらん...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
汗かき人形 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる