ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 顔汗対策

<<   作成日時 : 2007/07/21 22:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

顔汗に悩む方に1つのヒントが,五味先生の掲示板にありました.

岩盤浴で顔の多汗が減りました

これに対する五味先生のレスです.
部分汗と全身汗について

顔からの汗の減少も岩盤浴の効用のひとつと思います。

通常、岩盤浴ではたくさんの汗をかきますね。ですから、岩盤浴で、多汗症が改善したこととは、一見正反対の現象のように感じるでしょう。

しかし、岩盤浴で「大量の汗をかく」ということと「多汗が減少する」ということは発汗生理学的には全く矛盾していないのです。

より正確に言うと、岩盤浴では「全身の汗腺」を有効に活用してたくさんの汗をかるので、その結果「部分汗」が減少したということです。

人間の汗腺は、全身に400万〜500万個もあります。
しかし、私達は、せっかくあるそれらの汗腺の全てを使用してはいないのです。
実際に、汗をかいて働いている汗腺(能動汗腺)は、そのうち半分くらいです。
残りの半分は、いわば休眠しているのですね。

体の各部分でも同じです。
私たちは全身の汗腺を平等に使用して汗をかいているわけではないのです。

どちらかというと、手足や下半身よりも、上半身の汗腺を酷使する傾向があります。
それは、人間は脳温を調節したいため、脳に近い顔や頭の汗腺はよく発達していて汗をかきやすく、脳から遠い部分の腕や足の汗腺は機能が低下しやすいからです。
だから、エアコン漬けで、夏でも汗をかかない人の腕や足の汗腺の機能はすぐダメになり、能動汗腺も少なくなるのです。

そうなると、どうなるか?

人間は恒温動物ですから、どうしても体温を一定に保たねばなりません。
そのために、まだ機能が衰えていない上半身の顔や頭の汗腺によけい働いてもらうしかないのです。

…以下省略

人間は脳温を調節したいため、脳に近い顔や頭の汗腺はよく発達していて汗をかきやすく、脳から遠い部分の腕や足の汗腺は機能が低下しやすい

以前ここに私は,顔汗は脳のラジエターだと書きました.
http://yuustar.at.webry.info/200607/article_23.html
http://yuustar.at.webry.info/200607/article_26.html

能動汗腺..ってのが,キーワードです.

いまの季節だからこそ,全身の汗腺を鍛え,
全身から汗を出しやすいカラダづくりをすることによって,
顔汗や額の異常な多汗を緩和する方法は,やってみる価値ありですよ.

顔で出す分の汗を全身に拡散すれば,全然多量にかかなくとも体温上昇は抑えられますよね.
これ,大変理に適った方法だと私は思います.

その1つが岩盤浴?..でもいいかもよ.
もちろん,軽い運動で汗を流すことも,私はオススメします.
メタボ対策と一石二鳥..なんてね(^^)


※汗関連情報は「ゆう星☆汗の輪」へどうぞ.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アクセス トップ1
ここ「ここからぶろぐ」のPageView Top10(2011/9/27現在)です。 ...続きを見る
ここからぶろぐ
2011/10/01 19:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
顔汗対策 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる