ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 抗核抗体と感謝の心

<<   作成日時 : 2011/07/21 22:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

福岡市医師会臨床検査センターのHPの中に、こんな資料をみつけました。
臨床と検査
−病態へのアプローチ−(VOL.20)
自己免疫疾患と抗核抗体検査
免疫系は本来、自己と非自己を認識し非自己の侵入に対して防御的に働いています。自己免疫とは免疫系が自己の細胞に対して反応する現象をいい、それによって各種臓器や全身性に障害を引き起こす病気が自己免疫疾患といわれます。特に、皮膚、関節など結合組織を全身性に障害する疾患群が膠原病と呼ばれています。
自己免疫疾患では自己と反応する抗体、すなわち自己抗体が高率に出現します。この抗体のターゲットは様々な核成分蛋白であるため、総称して抗核抗体と言われています。…(略)…

私は以前、手掌部発汗の研究をしていた頃、心療内科や神経内科のドクターとよく一緒に仕事をしたのですが、その時に神経難病の症例にもたくさん遭遇しました。
テレビでも時々、不治の病として描かれることがありますね。

自分が自分を攻撃する...悲しいことです。

3ヵ月ほど前の4月26日、私はこんなことを書いています。
あなたの身体に潜む“他者”の細胞 from 日経サイエンス

他者の細胞が体内に潜んでいる現象を「マイクロキメリズム」と呼んでいる。なぜ,本人の免疫系によって排除されないのか? 自己免疫疾患の一因となっているのならば,それまで共存できていたのに,なぜ突然,和平が破綻したのか?
その時も引用しましたが、日経サイエンス2008年5月号の中の一節です。

どうして、このような不合理なことが起こるのでしょう...


先日、私の師・宗像恒次は、慢性疼痛の話の中で、こんな答えをくれました。
取り除きたとい思うから攻撃するんだ。愛おしく思って、感謝することで変わるんだよ」と。

ハッ!としました。

私は、手のひらの汗で悩んでおられる方々に、
その手のひらを愛しなさい。大事なかわいい自分の手なのだから...と、そんなことを言ってきたんですね。
手のひらの汗は、その存在に気づき、それをなきものにしようとすると、余計にその量を増し、酷くなればモノをうまく掴めないほどになってしまう。それは交感神経が緊張し続けるからなんだよと...。

一緒に共存しているものをなくそうとする意思、心の力が災いをもたらすということ。
それは、私たち個人の身体に限らず、もっと大きな、社会全体に通ずる共通の原則だったということを、改めて思い出しました。

私たちが、いまここにあることに、そして生かされていることに感謝しましょう。
それがユニバーサルヘルス、健康に生きる生き方なのです。


以前も紹介しましたが、
村上和雄が、その著書「遺伝子からのメッセージ」の中で、言っていたことをもう一度、つけ加えておきます。
 人間の身体の中では,約六〇兆もの細胞が,それぞれの独自の役割を果たしながら,協力して全体の調和を作り出しています.これからの社会は,生命体のこうした働き,仕組みをうまく取り入れていくべきでしょう.
 大自然の思いに沿って働くとき,素晴らしい力が出ます.限界を突き破って,素晴らしい人間になれます.大自然の思いに沿って働くとき,今までの価値観を変えるような,世直しになるような動きに発展するでしょう.自分が変われば,相手が変わります.不平・不満を言う前に,まず自分を変えることです.
 役割や個性の違った者同士が,一つの目標のために,自分の役割に徹しきったり,管理していく時代は終わったようです.むしろ,一人一人が経営者のつもりで,それぞれが問題意識をもって,協調してやっていく.そして,お互いがもっている力を増幅し合っていく.そういうやり方に変わってきています.
 一つの情報が,その一つの情報だけで伝わっていたのでは,進歩はありません.「三人寄れば文殊の知恵」で増幅されて,さらにその増幅されたものが増幅されていく.それで,全体のリズムを作り出し,大きな働きをするのです.
 リーダーは,現場にいかにリズムを生み出していくか,良いリズムを与えることができるか,ということが大切ではないでしょうか.リーダーは,イキイキした生命を与える,と言ってもいいでしょう.
 そして,みんなが力を合わせ,喜んで働く.「働く」のは,苦役ではありません.クタラクは,ハタ(まわり)の人々をラク(楽)にすることです.自分もまわりの人もすべてが喜んで暮らすのです.人は皆,幸せに暮らすために生まれてきたのです.
今までは,自分のエゴを発展させることが,幸せにつながると思われてきました.しかし,それだけが発展すると,まわりはもちろんのこと,その本人自身も幸せにならないとわかってきました.さまざまな歪みを生み出してきたのです.
だからこれからは,みんなといっしょに楽しもうという心が必要なんです.それが,最終的に世界全体の幸せにつながるのではないでしょうか.



遺伝子からのメッセージ
楽天ブックス
商品副データ「こころ」と「からだ」の関係をやさしく解く村上和雄日新報道この著者の新着メールを登録する


楽天市場 by 遺伝子からのメッセージ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
いまある認知は誰のもの?
今日は認知の話をしたいと思う。 前に認知行動療法について、少しお話ししました。 http://yuustar.at.webry.info/201105/article_2.html ...続きを見る
ここからぶろぐ
2011/07/24 20:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
抗核抗体と感謝の心 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる