ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 求められる「共感力」

<<   作成日時 : 2015/01/08 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カリスマ的なリーダーが強いリーダーシップで、
トップダウンにより意思を伝えていく。

自分がなにをすればいいのかわからない、
そんな人にはそのようなリーダーシップが魅力的に映るかもしれません。
画像

ミッションマネジメントをこのように考える人も少なくないでしょう。

しかし私は、それだけでは片手落ちだと感じるんです。
特に今のように意思決定にスピードが要求される時代では、
それだけで組織を動かすには限界があります。



では、どうするか…。




私は、互いの気持ちに共感し、
それぞれの役割を自ら感じ、
調整して、自ら動く、
それをサポートしていくマネジメントスタイルが
必要になると感じています。

コミュニケーションスキルがますます求められる時代です。

そこにあるのは上からの指示命令ではなく、
互いの信頼関係と責任性…




新年早々、こんなことを考えていたら、
こんな言葉に出会いました。


ホリゾンタル・リーダーシップ
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20140703/185284/
特に内容が書かれているわけではありませんが、
去年の夏、日経ウーマンで記事になっていました。


情報化時代となり、
誰もが同質の情報を同時期に得られるようになりました。
フラットな時代…


必要とされるのは横連携。
一人ひとりの得意な部分、個性を有機的に結ぶ。

前時代の遺物として残存する組織、部署の垣根を越えて、
必要な人材を有意に結びつけ、機能させる。
そんなマネジメントスタイル。

それを支える基礎が「共感力」だと私は思います。


私は2009年に、
ヘルスカウンセリング学会公認ソーシャルスキルトレーナーとなりました。
ISAT認定シニアSATコーチャーでもあります。
リスニング、アサーション、ネゴシエーション、
ディベート、コラボレーション、プレゼンテーション…
学校教育ではほとんど教わったことのない
様々なコミュニケーションスキルを50歳にして学び、
また並行してカウンセラーになる訓練も積み
翌年公認心理カウンセラーとなりました。
そこからは実地訓練の連続…。
男の私には、なかなか厳しい修行の毎日でした。

でも、私の生活自体がSATと同化し、
自然と共感的に人と相対することができるようになり、
近年はとても楽しい人生を送っています。

そんな経験から、
いまは職場環境をいきいき明るく元気で健康にし、
みながやりがいを感じで働く場の創造を
現場のみなさんと一緒に進めています。

マネジメントスタイルのパラダイムシフト。


おそらく、元々共感力の強い女性の方が、
この環境変化に難なく移行できると思うんですよ。
ただし、自己価値感の低い方が多いようなので、
それを高めるSATセラピーが必要かもしれません。

だって、なにか重要なことをリーダーとして頼まれたら、
えっ、私なんかにできるの?
…不安でいっぱいになっちゃうでしょ?

2015年は、これまでよりもっと、女性の力を発揮できる、
女性の特性を生かせるリーダーシップを提供していけたらと思っています。
もちろん男性も大歓迎。
個人でも組織でも相談に乗ります。

ご興味を持たれた方は、
Webメール、またはフェイスブックにてご連絡ください。
あなたの輝く未来を応援します!



ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由 [ 岩田松雄 ]
楽天ブックス
元スターバックスCEOが教える働く理由 岩田松雄 アスコムnullスターバックス ミッション 岩田松


楽天市場 by ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由 [ 岩田松雄 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
求められる「共感力」 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる