ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS いまどきの若者を活かす職場づくり

<<   作成日時 : 2015/04/29 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月10日のことになる。
今年度初めてのさんぽ会・名古屋例会が開かれた。
http://sanpokai-nagoya.jimdo.com/イベント/2015年度第1回例会/

4月ということで、
取り上げたテーマが「いまどきの若者・新入社員への関わり」 。

初っ端、私の方から
「いまどきの若者を活かす職場づくり」
というお題で、話題提供をさせていただいた。
画像


中間管理職を長くやっていたことから企業側の立場として、
また、心理カウンセラーで監査人の立場としての関わり、
両側面のお話をさせていただいた。

いまどきの若者を活かすために企業として採るべき最重要策。
なんだと思いますか?

叱咤激励?

力強いリーダーシップ?






私が提案させていただいたのは、中間管理職の育成です。

日本の多くの企業では、
その道のプロが昇進し、管理職に就くのが一般的。
でも、その道のプロはスーパープレイヤーであって、
マネジメントができるかというと、全くの別物なんですね。
…ここが大きな落とし穴!


また、自分が受けてきた機械化・大量生産時代のマネジメントでは、
いまの情報化社会では通用しない。
いわゆる人事研修で教わる「管理職とは」、
これも、一昔前の内容のものが多く、概ね役には立ちません。

だからいま、ハラスメントやうつが増え、
ブラック企業も後を絶たず、
その腹いせか、モラルハザード、
コンビニで冷蔵庫に入ってみたりしちゃうワケですよ。


不景気が続き、販管費カットのためのリストラ。
社員一人の仕事量は増え続け、
見れもしないのに、いまだに「ホウレンソウ」を強いる管理職も生き残る。

いつまで指示・命令で人を動かそうとするのですか?

人事制度の改変は急務でしょう…。


しかし、現場でもできることはある!

人を重んじ、多様な価値を認め、働きやすい職場環境を創る。
部下が安心し、安全に働ける場を創ること、
それが現場の管理職の役割ではないでしょうか?

そこに必要なのは、ミッションマネジメント、
インナーブランディングなんですよ。
…そんなお話をさせていただきました。


いまどきの若者を活かす職場、
それは、いままでのおじさんも活かします。
みんな笑顔でイキイキと…そんな職場を創ってまいりましょう!


日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
ロッシェル・カップ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いまどきの若者を活かす職場づくり ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる