ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS あたたかい世の中を創る

<<   作成日時 : 2016/12/27 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2016年もあと数日で終わりを迎える。
振り返ってみると、このブログを私は今年2回しか書いておらず、今日が3度め。
なんと怠慢な…。

それでも、1日平均300pvもあるのは、どんなん?…と思う。
ネットって、すごい。


2016年、私にとっては大きな出来事が2つあった。
1つは子供に手がかからなくなったこと。
親の役目に縛られていた自分をつくづく感じる。
自分で自分を縛っていただけなのだが…。

そして、昨年秋からいただいた管理職。
2013年7月にいまの部署に移り、2年3ヵ月の管理職ブランク。
54歳と半年で平社員に戻り、1からいまの部署の仕事を学んだ。
3年半前の異動をを世間ではリストラと呼ぶのかもしれないし、
役職定年というのかもしれない…。

私は、私と関わるまわりの人を元気にしたい、笑顔にしたい、
まわりをもっと健康にしたい、
それが私の生きる目的と考え、
長く医療関係の仕事や健康づくりの事業を推進してきた。
それが移る部署では実現できないと感じ、一度は辞めようかと思った。

先輩たちから指示される仕事に、違和感を感じながらも、
自分の信じることを、仕事の中に徐々に組込み、
私の得意なコミュニケーション・テクニックを駆使し、
相手が笑顔になるためにできることを続けてきた。
結果、いまでは「癒しの監査人」として全国を回り、
職場に笑顔を増やす活動を定着できてきた。
その仲間を、4月からは新たな組織編成で創り上げている。
その途上…。


自らの成長する姿を見せる!
私自身が、いきいきと働く姿を見せることで、組織風土を変える。
そう決意したのが3月。
昔読んだ福島正伸の「メンタリング・マネジメント」を思い出し、
実践してみることに決め、4月「マネジメント方針」として表明した。
運よく、5月に福島の講演「人を動かすリーダーシップ論」に出会え、
本人の肉声で、彼の思いを、肌で感じることができ触発された。
そこに私を管理職に戻した上司を巻き込むこともできた。
そこから半年。


私は、あと2年弱で定年を迎える。
そこをゴールに結果を出す!
誕生月の12月、2年後の進退について意思表示を求められた。
主管部署発信の事務的なメールによって。
希望すれば定年退職・再雇用となるが、労働条件は極端に悪くなる。

私はいま、定年後は自分の働きたいときに、好きなことをして、
その後の生計を立てていきたいと思っている。
妻と2人、食っていければいいわけで、
そこにこれまでのような時間の制約は必要ないと感じている。

いや、それより、人生の残された時間で、
私はもっと広く世の中に貢献したい!
いま自分のやっていることは、他の会社組織でも必ず役に立つ。
人を大事にするあたたかい世の中を私は創りたい。
みなが自分の人生の主役であることを自覚し、
もっとしあわせを感じて欲しい。
そのために、
これまでに体得したSATをはじめ他手法も合わせ、
新たなメソッドとして伝えていきたい。
それは対個人もあるが、もっと広く、
大勢の人が一度に体感できるように進めていきたい。

年の瀬にあたり、そんなことを考えている。


最後に、福島正伸著「メンタリング・マネジメント」から引用しておくが、
ここを偶然ご覧になったみなさんは、
どんな感想を持たれたのかを、ぜひとも私に教えてほしい。

久しぶりの更新、読んでくださってありがとう。


誉めても、叱りつけても
どのように接したとしても
人は、それに応じた育ち方をする
子を見れば、親がわかり
部下を見れば、上司がわかり
社員を見れば、社長がわかる
人が勝手に一人で育つことはない
人は育てたように、育っている

自分のまわりにいる人は、自分の鏡である
相手がそうしているのは、自分がそうしてきたから
相手が本気にならないのは、自分が本気になっていないから
怒らないとやらないのは、怒ってやらせてきたから
まわりが助けてくれないのは、自分がまわりを助けてこなかったから
部下が上司を信頼しないのは、上司が部下を信頼してこなかったから
収入が少ないのは、価値を与えていないから

つまり
得るものを変えるためには、まず与えるものを変えれば良い
他人を変えたければ、自分を変えれば良い
人を育てたければ、自分が育つ姿を見せることである



メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術
ダイヤモンド社
福島 正伸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

メンタリング・マネジメント [ 福島正伸 ]
楽天ブックス
共感と信頼の人材育成術 福島正伸 ダイヤモンド社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】


楽天市場 by メンタリング・マネジメント [ 福島正伸 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2017年の羅針盤
昨年の暮れ、私の心友・中村麻里さんからの紹介で、 運命学鑑定師の花木えりなさんをご紹介いただき、 バイオリズムの「無料」鑑定をしていただきました。 これは、四柱推命をベースにした運勢なのだそうです。 ...続きを見る
ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)
2017/01/04 22:21
自ら考え自ら動く人
自ら考えて動く人を増やしたい! よくそんなことを耳にします。 ...続きを見る
ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)
2017/01/30 21:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あたたかい世の中を創る ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる