ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ほめるよりも勇気づけ

<<   作成日時 : 2017/01/29 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アドラーは言う。
ほめるよりも勇気づけをせよと…。


でも「勇気づけ」って、なんなん?
聞き慣れないコトバですよね。


今日は対人関係もっとよくなったらなーって思っている人、とくに子育て中のお母さんや部下を持つ上司の方に読んでほしい。




・○○さんの努力が実って私もうれしい
・〜してくれてありがとう。とても助かった
・○○さんがしようと思っていること、私も応援する」
・こういうところが○○さんが頑張ってきたところですよね
・○○さんがここまでしてくれたことがとても助かる
・今回は残念だったね。これからどうしたらいいと思う?
・一生懸命取り組んでいたね
・毎日がんばっていたよね。もし何か手伝えることがあったら言ってね


これらが勇気づけのコトバの例だと、戸田はいう。
イメージできますか?


これで見ると、先日私が「ねぎらいの言葉」として挙げたものは、勇気づけだったんだなと、改めて思う。




世の中に、ほめることを推奨する本がたくさん出ている。
でも私は、ほめることにどうしても違和感を感じる、昔から…。
これは私の中に、「自閉(マイペース)気質」があるからかもしれないのだが、どうも白々しく感じてしまう。
あるいは「執着気質」ゆえの、自分に課したハードルの高さかも…。
それとも自己価値感が低かったからなのかもしれない。
まぁ、どうでもいい。



さらに、戸田が言うには、
ほめるは上から目線だが、勇気づけはヨコから目線なのだと。
確かに…。

上から目線では信頼関係も築きづらいし、あまりオススメではない。


ちなみにホメ言葉
・よくできたね
・よくやったね
・○○しているなんて、えらいね
・○○ができたなんてすごい!
・さすがだね
・やればできるじゃない
・うまくできたじゃない!
・よくやったね!
・この調子で頑張って!



これは、相手が自分の期待していることを達成したときに一種のごほうびとして与える態度であって、評価的なんだそうだ。
これを続けていると、相手はほめられないとやらなくなり、相手に依存させてしまうという。


これでも、あなたは、ほめ続けますか?


今回の記事は、昔読んだ下の本から引用した部分が多い。
戸田久実「アドラー流 たった1分で伝わる言い方」かんき出版(2014)

アドラー流 たった1分で伝わる言い方
かんき出版
戸田 久実

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アドラー流 たった1分で伝わる言い方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


いろんな場面での「言い回し」が例示されているから、よかったら買って読んでみるといいかもよ。


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
ダイヤモンド社
岸見 一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


幸せになる勇気 [ 岸見一郎 ]
楽天ブックス
自己啓発の源流「アドラー」の教え2 岸見一郎 古賀史健 ダイヤモンド社BKSCPN_【bookーfe


楽天市場 by 幸せになる勇気 [ 岸見一郎 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



---------------------------------------------------------------
ここにコメントいただく以外に、以下、どこからでもどうぞ。
・フォームメール
http://yuustar.at.webry.info/201206/article_4.html
・メッセージ
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newmessageeditdisplay.do

ツイッター
インスタグラム
フェイスブック
フェイスブック・ページ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほめるよりも勇気づけ ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる