アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「組織開発」のブログ記事

みんなの「組織開発」ブログ

タイトル 日 時
AIは意図的に組織の「理想の未来」を創るアプローチ
AIは意図的に組織の「理想の未来」を創るアプローチ (問題解決型アプローチ)対してAppreciative Inquiryでは、インタビューや対話を用いながら下記の4つのプロセスで、前向きな変革の実現を可能にしていく。Appreciative Inquiry (AI) における4D Discover…過去や現状における成功体験などから組織の価値や強みを見出す。 Dream…  組織や個人の持つ長所や内在する可能性をもとに、組織の理想像・ビジョンを描く。 Design… その理想像やビジョンを具現化させ、組織の設計をする。  Destiny... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 18:19
問題解決型アプローチで未来は明るくなるのか?
問題解決型アプローチで未来は明るくなるのか? Appreciative Inquiry(AI)とは Appreciative Inquiry (AI)は、1980年代後半に米国オハイオ州・Western Reserve UniversityのDavid L. Cooperrider博士らが提唱したものである。Appreciateという言葉は「価値を見出す、価値が深まること」、そしてInquiryは「探求・発見する、新たな可能性を導き出す問いかけをすること」を意味する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/30 21:56
あなたの組織は「強みや可能性をもつ存在」か?
あなたの組織は「強みや可能性をもつ存在」か? 組織開発を考える上で、まず問いかけられる質問は「現状の問題点は何か?」が最も多いであろう。改善策を見出すために何が障害になっているかを考えるからだ。しかし、Appreciative Inquiry (AI) というアプローチは、組織内の「解決すべき問題」というネガティブな部分ではなく、組織や個人の持っているポジティブな面に焦点をあて、対話によって組織の理想像を具体化させていく。今日までにノキアやヒューレット・パッカード、英国航空、米国海軍など多くの組織で導入され、成功実績を上げている。 今回は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 18:45
組織はテコ入れしないと劣化し、病に陥る
組織はテコ入れしないと劣化し、病に陥る 昨年、リクルートマネジメントソリューションズから、おもしろいレポートが出されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/02 22:25
職場の人間関係を改善しチーム力を上げるには
職場の人間関係を改善しチーム力を上げるには なんだか職場がギスギスしているな、 思うように業績が上がらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/27 22:27
クライアント組織の「いまここ」で感じた違和感を伝える
クライアント組織の「いまここ」で感じた違和感を伝える 「ゲシュタルト組織開発」というものがある。 これは、ゲシュタルト療法の考え方と組織開発が融合したアプローチだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/20 22:56
丁酉は破壊と創造の年
丁酉は破壊と創造の年 2月3日の節分は旧暦でいう大晦日。 この日、私は午後いっぱいかけて、部下一人ひとりとお話しし、 ともにこの先「どうありたいか」について、気持ちを確認しました。 人事考課面接の一環なのですが、 私は、このチャンスに、みんながどんな気持ちで働いているのか、 来年、3年後、5年後、 60歳過ぎてから、退職してから… どう過ごしたいのか、どう生きたいのか? そんなことをお尋ねしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 22:00

トップへ | みんなの「組織開発」ブログ

ここからぶろぐ(こころとからだのブログ) 組織開発のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる