検証!介護保険

今回は,いままでとはちょっと違った話題.介護保険に焦点を中ててみました.
40歳以上の人,みんな払っていますよねぇ.
私も月々3000円ちょっと,給与から天引きされていますよ.
そんな介護保険制度なんですが,
2000年に施行され,来年の4月からは「介護予防」なんてことも始まります.

さて,聞きなれないこの言葉「介護予防」.
「介護」される人になるのを「予防」する!?
日本介護予防協会(どんな協会じゃ..)のページには,次のようにある.
> 「介護予防」とは、生活が不活発になることによる心身の機能低下を防ぐことを目的とし、
> 積極的に体を動かしたり外出を促したり、自立した心身の維持に努めることを言います。
やっぱり,よくわからねー.
内容は,
> 運動器の機能向上,栄養改善,口腔機能の向上.あるいはアクティビティ等.
とある..
アクティビティ..なんだよ,それ..ですよね.
これらの概説は,またの機会に,あるは他者の記事の中に求めるとして..

日常生活における身体活動度向上(よく動きましょってこと)推進者の私としては,
この「運動器の機能向上」ってやつ.
人に説明するのに,こんな専門用語ばかりじゃ分からんでしょうに..
運動器とは,身体活動をになう筋,骨格,神経系の総称をいうのであって,
筋肉や腱,骨,関節,神経,血管...
いろんな要素で構成されているんですよね.
そういう,運動をするためのいろいろな組織や器官,
その機能を上げましょうってことなんだよね.

具体的には,
> 軽度な要介護者を対象に筋力向上トレーニングなどを行う
っていうことなんだけど,
おいおい,ちょっと待て.高齢者に筋トレなのかよ.
..って感じかな?

その内容については,すでに決められたマニュアルが用意されいて,
全国各地で,研修会も始まっているようなのだ.
だが,待て!
ネットで内科医さんと薬剤師兼ケアマネさんのページを見つけ,
そこに官民癒着の臭いがプンプンしたので,ご紹介.

■内科開業医のお勉強日記
今更ながら思う介護保険導入・・・地域への復帰率は日本の方が高かった
パワーリハビリテーションなどと特定の業者の私腹をこやすだけの、システムを来年からそれにくわえることは決まった。

■ガンバルゾオ!「はたともこ日記」
厚労省と筋トレ業者の魂胆
巨大与党と化した小泉政権は、厚労省と筋トレマシーン業者とが「介護予防サービス」に名を借り癒着する実態を、このまま放置するのだろうか。
「介護予防サービス」が、厚労省の一課長と筋トレマシーン業者との利害関係(収賄)の上に成り立つものであることは、ある週刊誌の取材によって白日の下にさらされた。

来年度スタートってことなのですが,
ホントにこれで,大丈夫なの?..どなたか教えてくださいな.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年10月19日 21:46
大丈夫ではないと思いますが…
とりあえず、筋トレマシンは必須ではなくなりました。
ただし、足腰の力を鍛えましょう…という方向性は決まりです。

私が感じるのは、なんだか、お題目というか、スローガンというか
「欲しがりません勝つまでは」「生めよ増やせよ」に始まり
今度は「丈夫になりましょう」「人様のお世話になるのはやめましょう」
ですか…?って感じてしまいます。

介護予防の理念そのものは、大切なことだと思うのですが
人が健康で長生きすることそのものに
喜びを得られる社会の仕組みや雰囲気を先に作ったほうがいいのでは…と思います。

多くのお年寄りが
「もういつお迎えが来てくれてもいいんだけどね
 なかなか来てくれなくてね」
とおっしゃっています。

どんなに年をとっても、心身の衰えがあったとしても
「今日も生きていてよかった」と感じられる暮らし。
それがあって初めて
「健康で長生きするための努力もしよう」と
内発的に感じて実行もできると思うのですが…

ゆう星☆
2005年10月20日 01:26
コメントありがとうございます.
大丈夫ですか...
でも必須でないといっても,マニュアルは都老研式ですよね?
足腰を鍛えるのは,自分で歩けるようにするためなのかな?
要は,ねたきり予防ってこと?

> 人が健康で長生きすることそのものに
> 喜びを得られる社会の仕組みや雰囲気を先に
まったく同感.
動きたくなければ,余計なお世話のなにものでもなく..
老いてもなお,社会の中にあって必要とされ..
あるいは生きてるいまを楽しんで..それが必要ですよね.
よっしー
2005年10月20日 23:30
介護保険施行後5年の見直しの時期をむかえ
「要支援」「要介護1」といった軽度の人たちが介護保険利用の多数を占め
なおかつ、状態の改善に結びつかず、かえって重度化している
…という現状をふまえ
ぜひとも、介護度の維持、あるいは改善めざしてがんばってもらわないと
将来的に介護保険制度が破たんしてしまう

というのが厚生労働省の言い分です。

思うのですが…
誰のための介護保険?
お年寄りのため?家族のため?政府のため?
ゆう星☆
2005年10月20日 23:41
でしょ?
> 将来的に介護保険制度が破たんしてしまう
というワケですが,それは制度自体が問題なの?
それとも運用に問題があったのか...

しかしねぇ..
なんか年金もそうですが,ツケを全部一般生活者に回して.
政治家さんやお役人さんは特権持ってるようだから,
本当の痛みが分からんのじゃないかな?

この記事へのトラックバック

  • 筋力向上

    Excerpt: 介護予防で検索したら..またまた見つけちゃいました. [ソーシャル元気・健康 倶楽部]ってブログ. 看護師で保健師でケアマネで精神保健福祉士の..たまおさんって方のページです. 医療・介護制度改.. Weblog: ここからぶろぐ racked: 2005-11-09 23:36