運動器リハビリテーション料の施設基準

平成18年3月6日,保医発第0306003号「特掲診療料の施設基準等」P.27-29.
運動器リハビリテーション料.
施設基準によって(Ⅰ)と(Ⅱ)に分かれ,(Ⅰ)が180点,(Ⅱ)が80点とは,
前にもお話しました(4つの疾患別リハビリテーション料).
その施設基準の詳細が,いろいろと出ていますので参考にしてください.

ざっとまとめると,
●運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハの3年以上の経験または研修修了の専任常勤医師1名.
専従常勤PT2名,専従常勤OT2名,専従常勤PT/OT併せて2名のいずれか.
当分の間,運動器リハ研修修了のあん摩マッサージ指圧師等も,
専従常勤であれば,PT勤務として届出可.

ただし,この場合は,
保医発第0306001号「診療報酬の算定方法の制定等に伴う実施上の留意事項について」P.165(第2章 第07部リハビリ)に載っていますが,
運動器リハビリテーション料(Ⅱ)の80点を算定できる。
なので,お間違えなきように.

病院は100平米,診療所は45平米以上.
各種測定用器具(角度計,握力計等),
血圧計,平行棒,姿勢矯正用鏡,各種車椅子,各種歩行補助具等を具備.


●運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
専任常勤医師1名.
専従常勤PT/OTいずれか1名.
45平米以上.
歩行補助具,訓練マット,治療台,砂嚢などの重錘,各種測定用器具等を具備.

100点の差は大きいですが,その施設基準の差も大きいですね.

ちなみに「適切な運動器リハビリテーションに係る研修」ってのは,
どんな研修なのかしらん?

※以下のページに今回の改定の通知類がまとめられています.
ご参考まで.
平成18年度診療報酬改定に係る通知等について

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月25日 21:34
そうそう!
適切な研修を受ければPTと同じ診療報酬が取れるってのはどうかと思われます
PTの友人たちもこれに関しては
かなり不満があるようです
もちろんPT協会でも反対意見が出ているようです
ちなみに私の働く訪問看護でのリハは
生きていけなくなるようなので
かなり混乱&大変です(>_<)
情報が出たのがつい最近なので
対応に追われるし
自分の職場自体も考え直さないといけなさそうだしで
しばらくはバタバタしそうです…
ゆう星☆
2006年03月25日 23:56
そうでしたか...
私も読んでて,ん?って感じだったので.
これからどうなっていくのかな.

この記事へのトラックバック