運動器リハビリテーション料

「疾患別リハビリテーション料」のお話は,また別に書こうと思っていますが,
その前に,本日3月6日の官報 号外第46号
その139ページ「運動器リハビリテーション料の対象患者」
別表第九の六 運動器リハビリテーション料の対象患者
上・下肢の複合損傷、脊椎損傷による四肢麻痺その他の急性発症した運動器疾患又はその手術後の患者
関節の変性疾患、関節の炎症性疾患その他の慢性の運動器疾患により、一定程度以上の運動機能の低下及び日常生活能力の低下を来している患者

全文は独立行政法人国立印刷局の「インターネット版『官報』」をご覧ください.
ただし,1週間を過ぎてしまったら,ご勘弁.
Webへの無料掲載は1週間だけなのです.

運動器リハビリテーション料については,
当初「関節の変形疾患…」は示されていませんでしたよね.
「リハビリと身体活動量」でも書きましたが,
いま整形外科に来られる患者さんは,そちらの方が多いですよね.

少しホッとしたのは,私だけでしょうか...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月07日 20:52
確かに…
関節の変性疾患や慢性の運動器疾患もいれてくれなければ生きていけない病院が山ほど出てくるでしょうね
ゆう星☆
2006年03月07日 23:21
そうですよね~.
ところでpicoさん.大丈夫ですか?
相当お辛そうですが...
pico
2006年03月08日 20:42
大丈夫です
だいぶ慣れましたから(^^ゞ
プライベートよりも
仕事で大変なほうがまだ働き甲斐がありますので…
ゆう星☆
2006年03月08日 23:03
そうですか..でも慣れてもねぇ..^^;
けど働き甲斐持ててよかった.

この記事へのトラックバック