介護予防も視野?-運動指針

運動指針でカバーすべきもの,という話が,
「第3回運動指針小委員会議事録」に出ています.

厚生労働省・中島参事官の言葉.
この運動指針というのは「1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後にクスリ」という形でスローガンとして打ち上げているわけです。…(略)…

ポイントは実は3つあります。
1つはメッセージだけではなく、ツールとして使えるものにしていただきたいというところがあります。…(略)…身体活動量と運動量の間に互換性がないのかということ

2つ目は、筋力の位置づけについて、…(略)…運動指針の中に介護予防も視野に入れて作ったんだよという色彩を残しておいていただくと、我々としては大変ありがたい。例えば安全に歩行できる能力といったものをどのように維持していくのかというようなこと

3つ目は…(略)…メタボリックシンドロームに着目した標準的な健診、標準的な保健指導のプログラムみたいなもの…(略)…今度の運動指針といったものが、いわゆるハイリスク者に対する保健指導を行う際のツールとしても、専門家によって使えるようなもの…(略)…健診後の保健指導をするときの1つの指導ツールとして、ここでいうMETsという概念を含めたものというのが、保健師、管理栄養師、健康運動指導士等によって、これに即して指導ができるような足がかりというのを残しておいていただきたい。

介護予防にもメタボリックシンドローム予防にも...
欲張りですねぇ.
こりゃあ,ちょいと難しいぞ!
でも,そんなガイドラインが本当にできたら,おもしろいかも.

解っちゃいるけどやれね~よ.
そんなことのない,見ていて自分もやってみたくなる,動いてみたくなるもの.
そんな運動指針の完成を期待しています.
もちろん効果の裏付けつきでね..(^_-)-☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エクササイズガイドとは

    Excerpt: 私はここで何度か「健康づくりのための運動指針」について書いてきました. ・メタボリックシンドローム週末短期入院 ・エクササイズガイド2006 ・階段利用キャンペーン ・1年後は今より若く ・.. Weblog: ここからぶろぐ racked: 2006-10-31 00:13