ヘルスアップアドバイザー

「個別運動プログラム生成システム ヘルスアップアドバイザー」は、身体状況、体力状況にあわせ、運動器の機能向上(筋力向上)のための運動プログラムをひとりひとりにあわせて作成できるソフトウェアです。
先日こんなニュースリリースが,私の目に飛び込んできました.
なんと,運動器の機能向上だよ.

発信元は,エイケア・システムズ株式会社
メッセージング分野におけるソリューション提供の先駆者として、中心的な役割をはたしてきました。
ここは電子メールの配信技術の会社でしょうか..?
なんだか,こういう異業種と思われるところが,どんどん出てきますねぇ.
特に多いのがIT産業に家電メーカーでしょうか...
で,パートナーは北陸体力科学研究所..と.

3種類の体力測定と、転倒の危険性に関わる質問をおこない、高齢者における転倒を予防するための「運動プログラム(筋力向上)」を提示します。
フィードバック帳票が,小さすぎてよく見えませんが,
「トレーニングプログラム」と称し,
ストレッチング,持久力,筋力,バランスの各メニュー?
う~ん,これでホントにうまく指導ができるのでしょうか?
続けられるのでしょうか...?

判定には北陸体力科学研究所が20年間蓄積したデータを利用し、個々の体力・健康状態・疾患状況に応じて、最適な運動プログラムを生成
と,たいそうな書き方ですが,要は自前のやり方をコンピュータ化しただけ?
運動プログラムが出るだけなんですよねぇ..
ずいぶん前にも書きました.
「運動器の機能向上」は,
「筋トレ」ではなく日常生活で体を動かすことを主眼としたサービス
なのです.

この「日常生活で体を動かす」という部分は,
いったいなにをもって評価し,どうモニターしていくのでしょうか?
そしてこの64万円,年間保守料約10万円もするソフトウェアは,
お年寄りの生きる気力を,うまく引き出してくれるものなのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 予防介護=筋トレか?

    Excerpt: GWに入り,ボーッとしながら久々にネットを眺めていたところ, こんなブログ記事をみつけました. 穂高で訪問介護をされている方の「介護サービスほっと通信」. Weblog: ここからぶろぐ racked: 2006-05-04 01:26