さよならモタさん

モタさんといっても,ご存じない方も多いのかもしれない.
モタとは,茂太と書く.そう,しげたさんなのだ.

この11月20日.斎藤茂太,90歳でこの世を去った.
死因は心不全.老齢ゆえの機能低下,大往生だったのかもしれないね.

私がモタさんの本と出合ったのは,自律神経失調症只中のように記憶している.
それがまた最近多くの書店でみかけたもので,ちょっと気になっていたんです.
そしたら...でした.

モタさんは精神科医.
お父さんが同じく精神科医の斎藤茂吉なのですが,
斎藤茂吉と聞くと,みなさん歌人というイメージの方が強いですよね.
おまけに弟さんは北杜夫とくる.
精神科医であるとともに,作家家族といった方がいいのかもしれません.

私は,残念ながらご本人と直接お話したことはありません.
でも,あの風貌でやさしく話しかけられた方は,
心のしこりも,ずいぶんと取れたことではないでしょうか..
彼の文章には,独特な雰囲気があります.
なんともおおらかで,ユーモア満載で,読んでいて気持ちが楽になってきます.
な~にくよくよしてんだよ..そんな感覚に,いま1つ,
これはちょっと..と思うところも,なくはないものですが..

お母さんがまた,すごく(信念と我が)強い方だったようで,
その反動というか,なんというか...
やさしいおじいちゃんの存在が,モタさんの救いであったようでもありますし,
そんな家族背景も想像しながら,
彼のことばを読み取っていくと,なかなか味わい深くなると思います.

まだ読んだことないなぁって方は,文庫本もたくさんあります.
なにか1つ手にしてみてはいかがでしょうか?

 こころのスイッチをきりかえる本

ちなみに,告別式は12月3日.東京の青山葬儀所で行われるそうです.
飛行機の好きなモタさん.
祭壇にはパイロットの格好をした遺影でも飾られるのかな..
ご冥福をお祈りいたします.合掌(-人-)

続・いい言葉は、いい人生をつくる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しんじょう
2006年11月26日 04:56
私もモタさんの著書は何冊か読んでいます。
文面からはおおらかさが感じられて、ご両親のどちらの影響が強いのかと思いますが、実は私はネパールのポカラでモタさんのお母さんと出あったことがあるのです。お孫さんとご一緒で、元気なおばあさんという感じでした(^^)。
ゆう星☆
2006年11月26日 22:31
そうですか,モタさんのお母様と..
しかも出会ったのがネパール.
しんじょうさんも,なんだかすごい.

この記事へのトラックバック