メッツ-身体活動の強さ

忘れていました.「メッツ」のお話.
運動(身体活動)の「強さ」を表す単位だってことは,いままで書いてきましたね.

英文字表記で「METs」と書きます.
METSたって,NewYork METS じゃないですよ.

METsのsは複数形を表すs.単数形はMETなんです.
Metabolic EquivalenT
「運動強度を安静時エネルギー消費量に対する倍率で示した指標.
1METは静かに座っている非活動状態における酸素消費量をいい,
酸素摂取量で体重1㎏当たり毎分3.5ml,
エネルギー消費量で体重1㎏当たり毎時間1kcalに相当する.」
なんてのが,専門的解説.
くわぁ~...なんじゃ,これ..ですね.

エクササイズガイド2006では
身体活動の強さを、安静時の何倍かに相当するかで表す単位
と説明されています.
イメージは..なんとなく解りますよね.

つまり,なにもしないで静かに座っている時の「身体活動の強さ」.
この時,体重1kgあたり1kcal/時のエネルギーを消費するそうですが,
その活動の強さを1METと決めたんですね.

もう少しだけ,具体的にしてみましょう.
ここで単位をよく見てください.
体重1kgあたり,1時間あたりの消費カロリーが1kcal.
だから60kgの人なら1分で1kcalになりますよね.
1日,24時間にしてみると...1,440kcal.
じっと安静に座っているだけで,1,440kcalは消費するんだ..ってこと.

そして,歩行は3メッツ..何度も出てきています.
つまり,普通に歩く場合は,
じっと座っている時よりも,3倍のエネルギーを使うんですね.

METs..なんとなく,理解できましたか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック