胎内サバイバー

サバイバーズ・ギルト(Survivor's guilt)」という言葉がある。
Wikipedia によれば、
戦争や災害、事故、事件、虐待などに遭いながら奇跡の生還を遂げた人が周りの人々が亡くなったのに自分が助かったことに対して、しばしば感じる罪悪感のこと。
ナチスによるホロコーストを生き延びた人々などに見られたケースが有名である。日本においては、2005年4月25日に発生した兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故において、生存者の間にこの種の感情が見られると報道されたこともあって認知度が高まった。また、広島や長崎の原爆投下で生き残った高齢者が当時を回想するとき「あの状況で見殺しにするしかなかった」「助けられた命を見捨てた」など証言する場合も、このサバイバーズ・ギルトに当たる部分がある。心的外傷後ストレス障害(PTSD)をおこして心理的な援助を必要とする場合もある。

3.11後にも、多くの方がPTSDに苦しんだと聞く。

しかし、このような戦争体験や事故、大災害の経験がないのに、「罪障感」を抱き、自分の存在を認められない人がたくさんいるという事実は、みなさんご存知だろうか?

一般に受精卵の80%以上が生まれてこれず、また超音波疫学によれば1/8が多胎児で、その80%は片方・両方が消失するのです。だから胎内で胚・胎芽の段階できょうだいを失いサバイバーになった人は多いのです。戦争・災害サバイバーと同様、胎内サバイバーなど、自己や他者の生命危機に直面した生き残り者が持つ恐怖感、無力感、罪障感、不条理、孤独感などの情動記憶によって再体験させられる症候群はサバイバー症候群(宗像恒次、2010)といわれ、孤独感が強く、人を信じられず、どこか生きている意味や生き甲斐がもてない、だから周りがどう思うかで生き、他の人の求めるものに敏感であったり、あるいは自己否定し死にたくなったり、救世主になろうとしたり、ひとの世話ばかりしたくなる人生を送りやすくなります。サバイバー症候群を持つ人は、親に頼れず、自分も頼りなかった潜在記憶があるので、幼い時から自己否定感をもちやすく、また胎内から始まる心的外傷後ストレス症候群PTSSをもちやすいところがあります。
これは、宗像恒次・筑波大学名誉教授の唱える「サバイバー症候群」に関する記載だが、生まれながらにして、すでに多くの人が罪障感を持っているというのだ。

孤独感が強く
人を信じられず
どこか生きている意味や生き甲斐がもてない

だから
周りがどう思うかで生き、
他の人の求めるものに敏感であったり、
自己否定し死にたくなったり、
救世主になろうとしたり、
ひとの世話ばかりしたくなる
人生...

これを読んでピピッと感じた人、チェックページがあります。

医師、看護師、教師など、対人援助職に就かれる方の多くに、この症候群がみられるそうです。
そんな罪障感を取り去り、本来の自分らしく生きるためのサポートをSATセラピーでは行います。



SAT療法 [ 宗像恒次 ]
楽天ブックス
宗像恒次 金子書房発行年月:2006年08月 ページ数:247p サイズ:単行本 ISBN:9784


楽天市場 by SAT療法 [ 宗像恒次 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

AYA
2012年09月05日 00:49
はじめまして。興味深く読ませていただきました。1/8が多胎児という説には驚きです。そして、そのために多くの人が生まれつき罪悪感を持っているとは大変ですね。まるで「原罪」みたいだと思いました。
サバイバーが亡くなった他者の命を背負うことでその死に罪悪感を背負ってしまうのはまさに「十字架」のようです。
罪ではないものを「罪」と錯覚してしまうなんてもったいないですよね。それこそ罪だと思います。

私もサバイバー症候群について記事を書きました。TB出来なかったのでこちらに書いておきます。
お暇でしたらどうぞ
http://aya-uranai.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-22e4.html

この記事へのトラックバック

  • ワーク・シフト

    Excerpt: 今朝のYahoo!のトップ画面から、「ワーク・シフト-孤独と貧困から自由になる働き方の未来図-」なんて新刊本の書評にたどり着きました。 Weblog: ここからぶろぐ(こころとからだのブログ) racked: 2012-09-05 12:37
  • 問題から逃げてしまうあなたへ

    Excerpt: ・誰かがなんとかするだろう ・先頭切って言った人が損をする ・自分のことを棚に上げ、他人の批判ばかりになる ・それは私の仕事範疇ではないと線引きし、問題を直視しない ・問題を解決せず先送りする.. Weblog: ここからぶろぐ(こころとからだのブログ) racked: 2013-04-03 22:30