メタボ指導者必見!身体活動の動機づけと促進

原田 和弘:身体活動の促進に関する心理学研究の動向:
行動変容のメカニズム,動機づけによる差異,環境要因の役割

運動疫学研究 2013; 15(1): 8-16.
http://jaee.umin.jp/REE/J/15_1_8.pdf

この論文では以下の3点が概説されている。
1)心理学の考え方を適用した介入によって身体活動が促進されるメカニズムの解明
2)動機づけの種類と身体活動の促進との関連性
3)環境要因と身体活動の促進との関連性に関する研究の動向


今回は、その2)動機づけの種類と身体活動の促進との関連性
について引用しておく。

自己決定の程度が高い動機づけほど,身体活動の促進と強く関与している
楽しさや挑戦などの内発的な要因を身体活動の目的とすることが,身体活動の促進に効果的
まず第一には「自己決定」が大きな因子。
そして「内発的要因」が身体活動の促進にプラスに働く。
要は、自分でやると決め、それが楽しかったり、それで達成感や満足感が得られたりすることが大事だということ。

効果的な身体活動の促進方策はすべての人々に共通ではなく,むしろ,人々の特性や,人々の置かれている環境によって,効果的な内容(例:身体活動の種類や場面,媒介要因,動機づけ)はそれぞれ異なる


これらの点で、私はSATカウンセリングを用いて行動変容支援を行うことが最も有効だと思う。
SATは、他者報酬から自己報酬型の生き方へと導き、自己決定による行動目標化を促す。
まさに、先に述べた「自己決定」と「内発的要因」。
そして、カウンセリング、コーチングによる個人的な支援は、「人々の特性や,人々の置かれている環境」を包含する支援となる。

私は4年前、自身の発明品である身体活動計とSATカウンセリングを用いた支援方法を提案している。

身体活動の動機づけや促進にお困りの保健指導者のみなさんには、参考にしていただけたら幸いである。


CD付き 90秒 スロージョギング・ダイエット
メディアファクトリー
田中 宏暁

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by CD付き 90秒 スロージョギング・ダイエット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック