管理職のお仕事

すべては「数値」がモノを言う!って…ホント?

今日は、営業部門の管理職に問いたい。

会社のビジョン・戦略をもとに上層部で年度計画がつくられ、
各部署に落とされる。
その数値計画は絶達であり、3ヵ月毎に数値としての結果が問われる。


結果…

会議や普段の会話は、その数値にのみフォーカスされ、
どのくらいできているかが、かなりの短期スパンで問われる。
その時々の結果と対策。
あまりの近視眼

さらには、上司もプレイングマネジャー、
長時間労働についても激しく追及される社会情勢の中、
部下とはろくに会話する時間すら取れていない

それでも上からは、計画の進捗度合を問われ、
それに応えるための会議も、必然的に数字の報告だけになり、
仕事の目的や意味どんな価値を提供するのか
自分たちがどうでありたいのか
長期視点に立ち、ビジョン・戦略に立脚した考察はもはやできず、
社員は疲弊の一途をたどるのだ。


あなたの職場も、こんな状況ではないだろうか?
部下は、自分の仕事の意味を語れるだろうか?
イキイキと、将来のビジョンに瞳を輝かせ、
上司のあなたとともに、輝く未来を見ることができているのだろうか。


会議では仕事の意味を語れ!
自分たちの仕事は、誰に役立っており、
そこにどんな価値が提供できているのか。

業績が思わしくないなら、
自己マンに陥っているからかもしれない。
仕事が作業化し、なんの価値も生んでいない。


数値よりも意味や目的、
結果よりも、それができた/できない裏にある一人ひとりの思い、
目先のことより、5年・10年、将来を見据えた行動、
その場しのぎの対策ではなく、全体を良くしていくための戦略、
昔はそうしていたなど一切関係ない、そんな前例は切って捨てて、
みんなで智恵を出し、ありたい姿を描き、
それぞれのできることを分担し、ビジョン達成に向けて協働しよう!

そこを導くのが、管理職の仕事だと私は思う。

------------------------------------------------------------------
レスポンスお待ちしています。
・フォームメール
http://yuustar.at.webry.info/201206/article_4.html
・メッセージ
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newmessageeditdisplay.do

ツイッター
インスタグラム
フェイスブック
フェイスブック・ページ

#働き方 #職場 #管理職 #生き方 #会議 #ビジョン


ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由
アスコム
岩田 松雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック