気質:クロニンジャーの理論

なんと、木島さんのPPTがありました。

いくつか見てみましょう。
神経伝達物質の代謝と関連があり、遺伝子による関与も考えられる。
・新奇性探究:ドーパミン
・損害回避:セロトニン
・報酬依存:ノルアドレナリン
・固執:(セロトニン)
なるほど!

クロニンジャーの理論によって、説明されるもの
・精神疾患
・パーソナリティ障碍
・学校の成績
・営業社員の成績
営業社員の成績って、おもしろくない?
確かに、そこにも表れるでしょう。
クロニンジャーをビジネスに繋げるかぁ…。

・コンステレーションの重視
 個々の特性よりも組み合わせを重視する
・学習の重視
 (特に気質に関して)学習を重視する
  例.ADHD
・自己洞察の重視
 気質は変容しにくいが、それを理解することで
 気質をコントロールする
そうそう、そうなんです。
私の師・宗像恒次も、
いま、気質の中に、ADH気質AS気質なんてのを入れています。
それに、気質別に期待できること・期待できないことを明らかにし、
期待できるところに着目して、
生きやすいようにコントロールすることを学びます。

私はSAT気質アドバイザー
DNA気質を宗像から直に学び、それをチェックするウェブサイトを過去に構築しています。
DNA気質は宗像の創作物ですが、
クロニンジャーを知ると、さらに理解が深まりますね。

今度、4月13日(土)9時半から11時半、
名古屋・丸の内 ナユタビルで、
DNA気質アドバイス(遺伝子に描かれた本来の自分を知る)体験会
を開催します。
画像

フェイスブックのイベントページはここ↓
https://www.facebook.com/events/2287034611618300/

終了後、少しの時間になりますが、希望により個人セッションも可能です。
ご興味のある方は、ぜひお越しください。

なお、フェイスブックでお申し込みができない方は、
こちらのお問合せページから、お尋ねください。
https://yuustar.at.webry.info/201206/article_4.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック