「DNA気質」とは

私の修めるSATには、「DNA気質」というものがある。
これまでも、このブログで何度も書いてきた。
・テーマ「気質」のブログ記事一覧
https://yuustar.at.webry.info/theme/666698d3c6.html

DNA気質(2008年10月29日)
https://yuustar.at.webry.info/200810/article_19.html
遺伝子に刻まれた人格情報-DNA気質-(2010年3月28日)
https://yuustar.at.webry.info/201003/article_2.html
自分らしさ(2012年4月22日)
https://yuustar.at.webry.info/201204/article_5.html
苦手な方との接し方(2012年5月28日)
https://yuustar.at.webry.info/201205/article_5.html
私のDNA気質と外見イメージ(2012年6月16日)
https://yuustar.at.webry.info/201206/article_3.html
私の中の「粘着気質」(2012年6月25日)
https://yuustar.at.webry.info/201206/article_5.html
気質をコントロールする(2012年7月3日)
https://yuustar.at.webry.info/201207/article_1.html
DNA気質とSAT法(2012年7月7日)
https://yuustar.at.webry.info/201207/article_2.html
DNA気質をもとに本来の自分に気づき、その長所を活かすワーク(2012年7月23日)
https://yuustar.at.webry.info/201207/article_3.html
本当の自分を知るワーク(2012年11月28日)
https://yuustar.at.webry.info/201211/article_1.html
気質Cafe@タスクール《DNA気質を理解し、しあわせに生きる4コース》(2013年1月30日)
https://yuustar.at.webry.info/201301/article_6.html
正気の沙汰じゃない…気質で学ぶストレス対処行動(2013年4月7日)
https://yuustar.at.webry.info/201304/article_2.html
イキイキ生きて、自分らしさ遺伝子を目覚めさせよう!(2013年4月15日)
https://yuustar.at.webry.info/201304/article_4.html
遺伝子に描かれた自分の性格(2014年5月12日)
https://yuustar.at.webry.info/201405/article_3.html
モテタイ上司の対処法(2014年5月24日)
https://yuustar.at.webry.info/201405/article_10.html
オタク上司の対処法(2014年5月28日)
https://yuustar.at.webry.info/201405/article_13.html
構造改革は、ヒト中心でやりなさい!(2014年6月16日)
https://yuustar.at.webry.info/201406/article_4.html
うつのセルフチェック?!(2014年6月28日)
https://yuustar.at.webry.info/201406/article_8.html

最後の記事から5年も経ってしまっているので、もう一度、整理をしておきたい。

Wikipediaには、こんなふうに書かれている。
気質(きしつ、かたぎ、temperament)とは、人間や哺乳類などの動物の集団が先天的にもっている刺激などに反応する行動特性である。
性格と同一視されやすいが、性格は気質から作られる各個体の行動や意欲の傾向である。

この通り、
性格は「気質から作られる各個体の行動や意欲の傾向」であって、
気質は「刺激に対する行動特性」のことなのだ。


ドイツの精神科医エルンスト・クレッチマー(Ernst Kretschmer)は、気質を次のように分類している。
循環型気質:社交的なときと静かなときが交互に出る
分裂型気質:非社交的、気づかないところと気づくところ両方が出る
粘着型気質:几帳面、やることは凝る


動物においても、動物行動学、動物行動遺伝学という分野で、この気質について研究がされており、
盲導犬などの気質に関与する性格関連遺伝子(ドパミン受容体であるドパミンD4受容体遺伝子)
などの報告がある。

興味のある人は、それぞれのキーワードでネット検索してみるといい。
たとえば、
ドーパミンレセプター(DR) の一つであるD4レセプター (D4DR) の遺伝子の型と新奇性を追求する性格との間に関連がある
などの記述をみつけるだろう。

これらの気質や遺伝子の研究をバックに、私の師・宗像恒次が臨床行動学の成果を加えて体系化したのが「DNA気質」ということだ。

宗像の記述によるDNA気質の元の研究
1.クレッチマー(Kretschmer)らの気質学
2.クロニンジャー(Cloninger)らの行動遺伝学の発展
3.類人猿の動物行動学の発展
4.宗像の臨床行動学の成果



このDNA気質には、
優先的に充足する欲求を決める「人格気質」と、
充足すべき欲求水準のレベル、欲求充足の予期やタイミングを決める「ストレス気質」があり、
それぞれ3タイプあって重複するため、全部で64通りのタイプに細分される。

これがわかると、自分がどんな刺激に反応しやすく、どんな行動を取りがちか理解できる。
人格気質、ストレス気質の6タイプそれぞれに、
期待できること、期待できないことが明らかにされているため、
期待できるところに期待し、期待できないところにはこだわらない、
そんな対応ができるようになると、
自分にも、他人にも優しい対応ができるようになり、
対人関係も楽しくなるのだ。

また、それぞれの気質タイプを組み合わせて、強いチームを作ることもでき、
ビジネスの場では、職場環境整備にも応用できたりもする。

気質タイプ別の相性もわかるため、恋活・婚活にも応用できる。


これら気質の見方を覚え、しあわせづくりのサポートをする。
6年前にタスクールでやった「気質カフェ」を、この4月からナユタビルで再開する。
その第1回は「気質アドバイス体験会」
自分の気質タイプをチェックし、ミニ講座で、自分の気質を理解する。
希望があれば、その後、個人セッション(気質コーチング)をして、
対人関係の悩みを解消したり、
気になるあの人との仲を深めるお手伝いをしてみたい。


平日夕方か土日の昼間に開催するか、いま決めかねている。
体験会は2時間弱を予定。
体験したいという方の都合で、曜日と時刻を決定したいので、
土曜日12:30からか、月~金曜日18:30からか、どっちがいいかを教えてほしい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック