まだ競争を続けるの?

以前引用したAllAboutの寄稿者が、その前にこんなことを書いていました。
仲間を蹴落とすと会社の生産性は下がる!心理的安全性とは(2018/7/25)

筆者の結論はこれ
…過去の成功パターンを踏襲できず、何が流行し廃れるか分からない時代には、少数派の意見やメンバーのささやかな感想こそが、思いがけない価値を生み出すかもしれないのです。そして、率直な意見や感想は心理的安全性が感じられてこそ表出できるものなのです。心理的安全性の高い環境で働いていると、会社やチームを好きになり、仕事へのやる気も高まっていきます。こうしてメンバーのモチベーションが向上すると、さらなる生産性向上が生み出されます。…


日本の学校教育は、いまだに知識偏重主義で、学力テストなるものでその習得度を計り、
優劣をつけて評価しています。
それが、あたかも、その人の人間性全体の証だといわんばかりに。
多くの企業も、業績偏重、1円でも多く売った、稼いだで、評価が下り、それが出世に繋がっています。


知識は、ネットの中に、無限にあるといっても過言ではない時代。
世の中にモノは溢れ、なにが売れるかもわからない時代。
さらにこれからは、AIが人に替って仕事をする時代になる。

それでもあなたは、まだ隣人と競いますか、戦いますか?
もう疲れたよね。
十人十色、人と違って当たり前。
その違いを認識し、互いが戦うのではなく、補完しあって生きてみないかい?
私は、そんな組織のあり方、仕事の仕方を提案したい。


こんなお話も、「しあわせワーカー増殖計画」の中でしてみましょうか。
みんなの声も聴きたい。
会場費も要るので、参加費はいただくけれど、
いまよりもっと楽しく働きたい、しあわせに働きたいって思っている人は、
ぜひ、名古屋丸の内・ナユタビルに集まってほしい。
第一回の会を計画したいので、
平日18:30からか、土日がいいかを教えてほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック