テーマ:コミュニケーション

傾聴力を高めるトレーニング

3か月前、社内で、5年ぶりに「傾聴」の講習会&ワークを行いました。 ほぼ同じ内容で、3度も聞いた受講者もいます。 でも、5年という期間の過ごし方が違ったのか、 多くの方は、初めて聞くかのような顔をし、傾聴も上手くできませんでした。 いま、世の中ではコミュニケーションの大切さが問われています。 でも、この人たちは、その重要性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほめるよりも勇気づけ

アドラーは言う。 ほめるよりも勇気づけをせよと…。 でも「勇気づけ」って、なんなん? 聞き慣れないコトバですよね。 今日は対人関係もっとよくなったらなーって思っている人、とくに子育て中のお母さんや部下を持つ上司の方に読んでほしい。 ・○○さんの努力が実って私もうれしい ・~してくれてありがとう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねぎらいの言葉がない!

ねぎらいの言葉がない 内部監査をしていて、ここに、すごくこだわる人が、私のまわりにいるので、今日はそんなお話。 改めて「ねぎらい」を辞書で引いてみる。 相手の労苦をいたわること。 相手に苦労をかけたことに対して謝意を表すること。 すなわち裏を返せば、それを発する本人は相手が苦労していると認知していることが前…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

力によらないコミュニケーション

あなたは、うまくコミュニケーションできていますか? イライラってして、ついつい相手を怒らせちゃう、 相手にどう思われるかと恐くて、本音はなかなか言えないよ。 …そんな方には、今日書くことはお役に立てるかもしれません。 先日、私がFacebook上に持っております公開グループ「SAT和みの会」に、 以下のような熱いメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり「社内コミュニケーション」

「日本の人事部」というウェブサイトがあるが、 その中に、2014/11/12現在「記事アクセスランキング」1位となっている記事がこれ。 「社内コミュニケーション」をいかに活性化させていくか?~「不機嫌な職場」から脱却する方法 https://jinjibu.jp/article/detl/manage/271/1/ よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デキる上司-職場のコミュニケーションを考える

今年も残すところ1ヵ月半。 埼玉、秋田、東京、北海道、岐阜…と飛び回り、忙しくしていました。 昨年7月、いまの部署に異動し、新しい職に就いていますが、 今年は「自分にしかできない仕事」をしよう、お役目を果たそうと決意し、 手応えが得られるようになってきたので、 いまは「サッ!と健康トレーナー」とは別に「職場環境改善プロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたは、自分のことを大切にできていますか?

私が幼い頃からは随分と時代が変わって、 あなたのことが好き、 あなたのやりたいようにしなさい、 親からのそんなメッセージをもらって育った方も、少なくないかもしれません。 しかし、学校に入ってからはどうでしょう? 社会人となり、自分の行動に責任を伴うようになってからは? 宿題が終わったら、遊んでいいよ。 塾に行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お腹痛い、学校休ませて!(1/3)

新生活の疲れ出る5月、中学1年 心身不調に注意 読売新聞(ヨミドクター) 5月16日(金)14時14分配信 新年度が始まって1か月。生活環境の変化に対応できず、心身の不調を訴える子どもが目立ち始める時期だ。特に学校生活が大きく変わった中学1年生は、配慮が必要。 5月16日のYahoo!ニュースに、こんな記事が挙がっていました。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

いまの医薬品メーカー医薬情報担当者に不足しているスキル

2014年05月16日付の日刊薬業(発行:じほう)に「2014MR動向調査」の結果が紹介されています。 今のMRに不足している技能・スキルは何なのか? この質問に21社が回答しています。 MRなんて言葉も知らなかったという方が多いかもしれませんね。 医薬品の適正使用のため医療従事者を訪問すること等により、医薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気持ちが伝わる

新年明けて昨日、出社初日が終わりました。 昨年末、失敗したかな…と思ったメッセージング、実はちゃんと届いていたようです。 昨日の朝、相手方からお電話をいただき、課員に優しいお心遣いを頂戴しました。 新年早々、嬉しい贈り物でした。 ありがとうございます! 私の勤めている会社は、朝8時より新年事始めの式典があります。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦手な方との接し方

前回、ブログネタを募集しましたところ、フェイスブックの方にこのようなリクエストをいただきました。 どうしても苦手な方との接し方、自分の気持ちとか、相手の気持ちを配慮して、お互いに理解できるようになれたらいいなと、そのやり方教えて欲しいです。 どうしても苦手だけど、仕事上うまくつきあっていかなければならない... そんな場面って…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

不思議な感覚

最近の話。 とくにこの9月頃からだろうか... 上半期の〆と報告書の作成。その結果を受けて、下半期の行動計画修正。 来年度投資予算の立案・提出、中期3ヵ年計画の見直し。 その間に、40人弱の部下の人事面接、兼心理カウンセリング。 一人平均1時間、長いと3時間におよぶこともあり。 最終、それら全部を受けての部分、全体調整と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直接会うことの大切さ

ちょっとご無沙汰しました。 今週は月曜の夜から札幌に飛び、北の大地の部下たちと面談。 半期に一度の人事考課面接ってやつをやってきました。 あわせてISO-9001のQMS再認証監査があったものだから、あまり時間取れないぞ..^^; …と思ってたんですが、結構話す事ができました。 でね、思ったんです。 完璧にコミュニケ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

難しいですなあ

難しいからあきらめるのではなく,難しいからこそ難しさの密林にわけいって行く,そこに生きることの手応えがある これは谷川俊太郎「風穴をあける」に出てくる「河合隼雄」の一節だ. 人と話をするとき,河合先生は 既成の価値基準や倫理に縛られた自分から離れて,性急な判断をせずに人の心に自分の心を共振させる…(略)…そんなときも自分の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

はじめまして

おはよう,はじめまして! 通勤電車の中. あちらこちらから,こんなあいさつで会話が始まった. 今日4月6日は始業式. 私の通勤経路には学校が多く,大学生や高校生がたくさん乗ってくる. となりの人がなにをしていようがお構いなし. 電車の中で,平気で化粧はするわ,食事もするわ... それ以外は,ケータイしてるか眠ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱カタカナ

今日,仕事場の引越し荷物を整理していて,面白い切り抜きが出てきました. もう5年も前の新聞記事なのですが, そのタイトルが「脱カタカナ 定着に期待」というもの. アウトソーシング,インフォームド・コンセント,デイサービス... そこには,こんな言葉が並んでいます. 記事は,国立国語研究所に設置された委員会の報告について書か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もじれの日々

忙しさにかまけ,忘れていたブログを久しぶりに訪れました. なんと... ブログを公開で運営していく精神的・時間的余裕がなくなってきましたので、このブログは2006年8月28日以降、当分の間、非公開とします。これまで見てくださっていた皆さん、ありがとうございました。すみません。  本田由紀 ここは5月に紹介した本『「ニート」って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一人称がいない

最近,コミュニケーションに関する書籍を, あらためて何冊か読んだ. それは,このようなネットでのコミュニケーションの難しさ. さらには,職場での,自分の子供のような新入社員との感覚ギャップ. そんなものを,時々感じるからなのだ. 今回のタイトルは, 前にも紹介させていただいた山田ズーニーさん著 「おとなの小論文教室。」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死を思いとどまらせる言葉

昨日紹介しました「おとなの小論文教室。」 . 「死を思いとどまらせる言葉 1」と題された第325話は, 最近、いじめによる自殺が問題になっている。 先日も、 「死を予告してきた子どもに、  エライ人の命を大切にという言葉は、  なぜとどかないのか。  あなただったら、どう言って思いとどまらせるか?」 というような質問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理解という名の愛がほしい

ほぼ日刊イトイ新聞 結構有名?..だと思いますので,ご存知の方も多いかと.. ページ内の説明によると, 「糸井重里が主宰する、インターネットで毎日お送りする、ちょっとほかにはない、たのしい新聞」。というものなのですが,今日は,その中のコンテンツの1つ 山田ズーニーさんの「おとなの小論文教室。」を紹介したい. 「小論文」なん…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

「いじめ」は悪くない?

いじめ調査:やる方が「悪い」は半数以下 希薄な罪の意識 今朝,こんなショッキングなニュースヘッドラインが, MSN毎日から飛び込んできた. なんともやるせないというか,恐ろしいことである. いじめを肯定する中高生が,半分以上もいるというのか.. アンケート対象は 全国の小学校8校、中学校23校、高校5校の児童生徒約1万3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アピールが弱いんです

リクルート社提供 リクナビNEXT 2006/8/16 の記事 トップ > 転職パーフェクトガイド > どーする!?応募・面接準備 > ...と掘っていくと,こんなものに当たります. 「あなたが採用されない3つの理由」 メールだと使い回しもできるでしょう。自分が今まで何をやってきて、今後どうしたいのか、な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Face to Face

いまから5年も前の文章ですが,まだまだ使える気がして, ここにご紹介することにしました. キャラクターベースのコミュニケーションでは、感情まで送ることはできないとし、面と向かって会話することには勝てないとした。そして、今後インターネットなどの技術革新が進んでも、それらによるコミュニケーションが、“Face to Face”のコミ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

目的のない行動?

life-reha-careさんのブログ12/7の記事「冬と訪問と病院と」での, The社会福祉マン!さんのコメント. リハビリを行うことそのものが目的的になっている 生活を中心にそえながら、ということはほんとうに課題というところを見,あぁそうなのかなぁ..って,つくづく思いました. 人は何かをしようと行動します. その最…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more