テーマ:

ブルーオーシャン

1986.11.9 主流ということは、裏を返せばすでに出尽くして、 もう出ないというものだろう。 たとえば心電計でも○○(対抗他社)と同じものじゃ、 うちは負けるんだ! うちだからこそ、これができる、 というものでないとダメだろう。 ...って言ってやった。 「主流でないと事業化できない」という上司に向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗核抗体と感謝の心

福岡市医師会臨床検査センターのHPの中に、こんな資料をみつけました。 臨床と検査 -病態へのアプローチ-(VOL.20) 自己免疫疾患と抗核抗体検査 免疫系は本来、自己と非自己を認識し非自己の侵入に対して防御的に働いています。自己免疫とは免疫系が自己の細胞に対して反応する現象をいい、それによって各種臓器や全身性に障害を引き起こす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

暑さに馴れろ!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110711-00000001-health-soci いまさら「暑熱馴化」かよなんて思ってしまう私。 私は何年も前、10年ほど汗(特に手のひらの汗)について研究していたので、この言葉は耳タコだったんですね。 日経ヘルス2011年8月号に載ったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上半身の汗を止める(逆リンNo.177)

仔犬丸さん(暁 天子・女性・さいたま市)の日記から 汗を止める? 2009年06月30日 01:38 最近、お年頃のせいか、たびたび上半身にドワ~ッと汗をかきます。 …(略)… どうにかならないかと考えていたら、ふと思い出しました。 そういえば、夏場に着物で出かけるのに、上半身限定で汗を止める方法があったような。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発汗外来(逆リンNo.164)

「愛知県でWeb制作のお仕事」をされているといわれる「ケン」さん 汗を診られる先生をご紹介くださいました. …(略)… 既に皆様はご存知かもしれませんが、下記のサイトで私は発汗外来がある病院と、汗水(塩化アルミニウム溶液)を処方してくれる医師を見つけました。ご参考までに貼り付けておきます。 -裏「日本発汗学会・役員」ペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手に汗握る(逆リンNo.161)

2009-06-23 08:06:42 40s男だって肌に凝る男です、おはようございます! 今日もアメブロはメンテ。どうにかしてくれよ。 …(略)… ま、それは良いとして、最近、皆さんのブログで手をつなぐなら右手・左手みたいな議論が展開されている。 仕事が恋人★の自分としては、もう、そのようなことは夜の社交場以外では実現し得な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手掌多汗症リンク集(逆リンNo.157)

ゆう星☆心と身体の談話室 サブコンテンツに「手のひらの汗」があります。 手掌多汗症を診てくれる先生の一覧も掲載されています。 東京,愛知の方に朗報! トップページをリンクしてくださいました. ありがとう..m(__)m 2008年12月17日の記事アップですから, まだ作られて半年も経っていない,できたてホヤホヤのサイトで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第17回日本発汗学会総会のご案内(予報)

「第17回日本発汗学会総会のご案内」が,発汗学会のWebサイトに掲載されています. 第17回日本発汗学会総会のご案内 1.会頭: 稲光哲明(福岡歯科大学教授) 2.会期: 平成21年9月4日(金)・5日(土) 3.会場: 福岡ガーデンパレス *詳細につきましては決定次第お知らせいたします。 来年(2009年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多汗症診療ガイドライン

前回紹介しました「発汗学」第15巻特集号. 横関博雄先生の「特集号:掌蹠多汗症の発行にあたって」の後半部分には,このような記述があります. …この特集号では「精神科的アプローチ」、「神経内科的アプローチ」、「皮膚科的アプローチ」、「外科的アプローチ」と各分野の多汗症の最も最先端でご活躍している先生方に各科における専門的な治療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出ました!汗の治療本

日本発汗学会の雑誌「発汗学」.その第15巻. 「掌蹠多汗症」という特集号が発行(2008.7.1)されました. 序.特集号:掌蹠多汗症の発行にあたって(横関博雄) 1.掌蹠多汗症の概念と診断(田中智子,横関博雄) 2.掌蹠多汗症の病態(岩瀬 敏) 3.掌蹠多汗症の治療:精神科的アプローチ(四宮滋子) 4.掌蹠…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

汗をかけない人間は爬虫類化する

なんともショッキングなタイトルですね. 昨年(2007年)9月5日,祥伝社から出版された五味常明先生の本です. 第1章 汗とは何だろう? 第2章 汗をかけないと人類は滅亡する 第3章 よい汗をかくために 第4章 汗のかき方で病気が分かる 第5章 よい汗をかく生活法 第6章 汗の治療法 第7章 岩盤浴に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第16回日本発汗学会総会のご案内(第一報)

http://dept.md.shinshu-u.ac.jp/i-1seiri/jspr/meeting/index.html 今年も,この季節がやってきました. 夏に,発汗学会が開催されます.場所は東京です. 私もご紹介させていただいている, 東京医科歯科大学皮膚科・横関先生の下で開催されます. 会頭: …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワキ汗と手のひらの汗(Yahoo!知恵袋)(逆リンNo.65)

kuniaki0801さんの知恵袋.1年半前の汗に関するご質問です. 質問日時: 2006/12/22 07:37:30 解決日時: 2006/12/28 16:59:09 質問番号: 10,310,711 ワキ汗と手のひらの汗 最近(ここ2・3ヶ月)急にワキ汗と、手のひらの汗がひどくなりました。今までは全くだっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ミョウバン水の作り方

3連休.久しぶりにネットをふらついていたところ, 「デオナチュレ」なんていう制汗剤(?)がひっかかりました. アルム石...? と思いつつ,読み進んだらありました. アルム石は、火山地帯の地中にある天然鉱物塩の一種です。 ミョウバンとも呼ばれる無香料・無着色の天然デオドラント成分です。ミョウバンなんですね.20~60gで税…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ETSの学会

第13回日本胸腔鏡下交感神経遮断研究会学会 演題募集中 〔締切〕 2007年9月8日 〔開催日〕 2007年10月6日 〔開催地〕 東京都品川区・NTT東日本関東病院 〔主なプログラム〕  特別講演「手掌部発汗の機能特性と多汗症の病態―発汗外来の設立に向けて」(大橋俊夫 信州大学),他 〔内容〕 詳細は下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多汗症治療の目安

昨年の発汗学会総会では, 「掌蹠多汗症の総合的治療」というシンポジウムが開かれ, 手掌・足底多汗症の治療方法についてディスカッションされています. ここで,治療法の選択手順が示されていましたので少し復習しましょう. まずは①塩化アルミニウムで様子見. つぎに②イオントフォレーシスか③ボトックス. 最終手段として④ETS(胸腔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「塩化アルミニウムの密封療法」がすごい

8月24-25日.第15回日本発汗学会総会に参加してきたことは, 前に報告しました. 今日は一般演題の7. 7.掌蹠多汗症の段階的治療と病態解析の試み 東京医科歯科大学 皮膚科 田中智子,佐藤貴浩,横関博雄 田中先生のご発表の中から,トピックスをお伝えしたいと思います. 重度の掌蹠多汗症34例(男8例,女26例)に,…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

第15回日本発汗学会総会

いまからちょうど1年前. ここで「第14回日本発汗学会総会」の報告をさせていただきました. そして今年も,ここで第15回の総会報告をさせていただけることを, 大変嬉しく思います. 開催日:平成19年8月24日~25日 開催場所:川越・埼玉医科大学かわごえクリニック ●一般演題 1.マイコン制御発汗計の開発 -装置の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「汗」を診てくれる先生

日本発汗学会のホームページが少し更新されました! 「日本発汗学会 役員/歴代総会会頭」 このページは,前からあったのかな..? (詳細)をクリックすると理事の先生方のプロフがでてきます. たとえば,今回,一般公開講座をされる北耕平先生. 専門;神経内科(自律神経) 診療の有無;有 具体的な内容;発汗障害(多汗症…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本発汗学会・一般公開講座

5月10日に発汗学会総会のお知らせ をしました. その時は,私は出られないかも..なんて言っていましたが, 去年同様参加できることになりました. 24日の懇親会では,なつかしい先生にも会えそう\(^o^)/ なので,改めてご案内します. 今週末の8月24日・25日, 第15回日本発汗学会総会が埼玉医大かわごえクリニッ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ウソ発見機に反応が出ない方法(Yahoo!知恵袋)(逆リンNo.39)

なんでこんなこと知恵袋で聞くの?..と思った ご質問. 汗関連です. kareewotabeyouさんの質問 質問日時: 2006/12/22 16:43:08 解決日時: 2006/12/28 21:37:46 ウソ発見機に反応が出ない方法 ウソ発見機は特殊な訓練をつめば、手の汗の量や脈拍をコントロールするこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手がいつも湿っていて…(Yahoo!知恵袋)(逆リンNo.36)

久しぶりに出ました.Yahoo!知恵袋の「手汗」に関する質問です. 質問者はp703i_myuさん 質問日時: 2007/7/12 12:07:36 解決日時: 2007/7/12 15:04:12 お題は 手がいつも湿っていて女の子と手をつなげるか心配です。 事情を説明したら手をつながなくても女の子は許してくれますか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顔汗対策

顔汗に悩む方に1つのヒントが,五味先生の掲示板にありました. 岩盤浴で顔の多汗が減りました これに対する五味先生のレスです. 部分汗と全身汗について 顔からの汗の減少も岩盤浴の効用のひとつと思います。 通常、岩盤浴ではたくさんの汗をかきますね。ですから、岩盤浴で、多汗症が改善したこととは、一見正反対の現象のよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

汗は「キタナイ」ものではありません!

汗の輪掲示板へのユカリさんの投稿を拝見し,五味先生のサイトを久々に覗きました. いろいろと更新されていて,まだ見なければというところはありますが, その「体臭多汗カウンセリングルーム」の記事の中から1つ抜粋. 汗は汗腺から出たときは、「無菌」です。 つまりかきたての汗は本来「無臭・無菌」状態なのです。その汗が皮膚面に出て皮膚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汗対策下着

先日,喫茶店で雑誌を見ていたところ,こんなものを発見しました. 「マキシフレッシュ」のニュースリリース. 説明ページもありました. 繊維に加工されたカルボキシル基が,アンモニアなど汗の臭気成分を引き寄せて捕まえ,一瞬にして臭いのない違う成分に変えてしまいます.マジ? 1年前に「汗のニオイ対策」記事を書きました. …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

胸部交感神経節切除術(ETS)を考える(逆リンNo.15)

「多汗症は病気ではない」なんて,ちょっと過激(?)なタイトルのブログです. 久々の汗ブログですね. お題は 手掌多汗症(手のひら多汗症)の胸部交感神経節切除術(ETS)を考える 代償性発汗について 手のひらの汗というブログがある http://www5b.biglobe.ne.jp/~yuustar/sbs_dais.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汗との戦争

こんなニュース記事をみつけました. 美容ニュースフラッシュ 2007年06月03日 「汗との戦争」夏は来ぬ カンハン皮膚科医院のカン・ジンス院長は、「汗が出すぎても、体質だと思って放置する事例が少なくない。社会生活や対人関係に支障をきたすほどなら、専門医と適切な治療法を相談した方がよい」とアドバイスする。 (5/23東…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手汗は…(Yahoo!知恵袋)(逆リンNo.3)

出ました,Yahoo!知恵袋 お題は 手汗は押さえられませんか? 質問日時: 2006/12/24 23:33:49 解決日時: 2006/12/25 04:14:50 手汗に関する質問ですが,それに対するベストアンサー. サイトを調べてみて、全国に手汗で悩んでる方がこんなにも多くいる事に驚かされました。 下記を参照し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心身医学と汗

先日更新した「発汗学」のINDEXページ. その第13巻2号の巻頭言. 著者は稲光哲明先生. いまは他所に移られましたが, 心療内科の生みの親,九州大学医学部心療内科のご出身. 私が昔,その領域の汗のことをいろいろと教わった先生で, 私の長い自律神経失調症からの脱出に,大きな力をいただいた先生でもある. この巻頭言…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

発汗学(その2)

日本発汗学会機関誌「発汗学」のことは,以前紹介しました. 昨年8月の第14回総会を終え,その後2冊発行されています. 総会の発表内容はここで,何回かに分けて報告させていただきましたが, それが本人によるちゃんとした文書でまとめられました. そのINDEXページを更新しましたので,ここにお知らせします. [関連記事]…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more