テーマ:こころ

いま、新型コロナウイルスが生じた意味について考える

いまの日本は医療崩壊寸前にあり、感染爆発一歩手前であることは、現場で医療に携わる方々の声を聴けば事実だとわかる。 それは、有事の医療体制が、迅速かつ十分に整えられないためなのかもしれない。 交通事故やインフルエンザによる死亡数と比較し、コロナは心配することはない。 マスコミが煽ったせいで、必要以上に不安な空気が漂っているだけだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こころとからだと魂のブログ

1月の終わり、このブログタイトルを 「ここからぶろぐ(こころとからだと魂のブログ)」に変えました。 魂を入れたということです。 なにが違うのか。 魂はサムシンググレートの一部、みんなと繋がったワンネスの存在。 対して心は、エゴだと私が思ったから。 身体の中に心がある。 そんなイメージを持っている期間が長かったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のいまの思い

旧正月を迎え、2019年が本格的に始まる。 私は、昨年12月に定年を迎えた。 頭では解っていたものの、預金通帳に印字された給与額に愕然とし、我を失ってしまった。 以降、私を支配した感情は「怒り」。 先月までと全く同じ仕事に就き、同じ量の仕事を担当し、同じ時間働いている。 なのに、60歳になったというだけで、給与が半分より少なく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球人として精一杯生きる

私が「引き寄せの法則」で感銘を受けた奥平亜美衣さんが、 1か月ほど前(2018/4/2)LINEブログで発信された「スピリチュアルは現実」より 現実から逃れてスピリチュアルの世界に逃避するのではなく、現実世界をどう生きるか、どう向き合うか、それが、本当に魂の望んでいる生き方、自分が幸せを感じられる生き方に沿っていく道だということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三の眼(心眼)

2月の初めのこと、 周波数音楽の制作でありパフォーマーの小田エリスさんが、 私の星をみてくれた。 私は今年12月に定年を迎える。 それを節目に、会社人間ではない第2の人生を歩みたいと思っている。 (この後、1年延ばすことにはなったのだが…) そのキーワードとして「宇宙」というお話しをした。 そうしたら、ありがたいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私が「愛」を伝える目的

私はいま、内部監査人として経営コンサルのような仕事をしています。 職場の責任者には、社員をもっと愛しましょうと説いている。 こんなコンサル、あまりいないよね。 いま、政府主導で「働き方改革」が推し進められている。 ただ、その中身はどうなのか…。 長時間労働が社会問題となり、 時短のみが先行し、 人件費削減の理由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまここに在る

なにも考えず、「いまここ」に集中する。 マインドフルネスな状態がいい!…なんて、最近よく聞くよね。 また、「脳疲労」という言葉がある。 最高のパフォーマンスを発揮するためには、脳をうまく休めなさいと。 人間の脳は放っておくと、過去や未来のことを考えようとする。 終わったことなのに、ずっと気に病んでいたり、 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスは叱って正せるのか

部下のミスは組織のヒエラルキー上、上司の責任を問われることにつながる。 だからなのかもしれないが、 自分の部下がミスを犯すと、叱りつけて正そうとする上司が多い。 それは本当に得策か、という話を今日はしてみたい。 ミスを犯した部下、 そのミスを、部下自身が認識できているか否かの確認がまず必要ですね。 で、認識できていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人はなんのために生まれるのか

●かみさまとのやくそく ●ひかりの国のはなし 前者は胎内記憶の研究者・池川明先生が集めた、子供たちがお母さんのおなかにいた時のお話、 後者は、どいしゅうさんが幼い頃、死にかけた時に見た「ひかりの国」についてのお話。 自分がこの世に生まれた意味を知るヒントが得られると思うので、 いま生きづらさを感じている人には、 ぜひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい仕事をするには

日本人の8割は不安遺伝子(SS)を持っている ということを以前ここでお伝えした。 http://yuustar.at.webry.info/201405/article_5.html こんなこと言ったらどう思われるのだろう… 不安が先に立ち、 伝えないといけないことをあいまいにしたり、伝えないで様子を伺ったりしてしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いききる

先日、長谷川ゆう子監督の 「いきたひ~家族で看取る~」というドキュメンタリー映画を拝見した。 耳下腺がんに侵された監督自身の旦那さんを家族で看取る。 上映の前、監督から、こんな説明があった。 この映画には死体が出てきます。 がんに侵された部分にガーゼを当てると血が滲むシーンもあります。 苦手な方は目を伏せ、声だけでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女神が近くにいるとしたら、会いたくないですか?

以前にもここでご紹介させていただきましたが、5月30日、まっきーこと石田真紀さんから魅力開花メッセージ第2弾が届きました。 昨年のお誕生日から、「信頼、愛情、援助」の年に入っています。 パートナーや家族、仲間との信頼関係が深くなる年。この一年は惜しみなく愛情を注ぎ、積極的に周囲の人への援助に励みと良いとのこと。 現在、かな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

私がいただいた「魅力開花アドバイス☆一言メッセージ」

先日、私のFBフレンド「まっきー」こと、 魅力開花コンサルタントの石田真紀さんから、私に対する魅力開花アドバイス☆一言メッセージをいただきました。 ちょうど年度末、来年度計画立案時期でもあり、毎日仕事に忙殺されて疲れ切っていましたので、そのメッセージがカンフル剤となって、すごく元気になったんです。 おかげさまで、ラスト2日を、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

私自身が、これからどうありたいか?!

今週いっぱいで2012年度が終わります。 2013年も、もう4分の1が終わるということなんですね。 そこで、今年元旦に書いた記事を、改めて見直してみました。 今年の目標は、 カウンセリングやセラピーの場をいくつかつくり、ヘルスカウンセラーになってさらに周りとともに愉しむ!なんて書いてます。 場づくりについては、少しずつ模索…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いまから10年後、あなたはどんなふうに生きていますか?

最近、漠然と思うことがある。 私はいま、54歳。あと6年足らずで、昔でいえば「定年」を迎える。 65歳まで現役会社員を続けたとしても、残り10年余りということだ。 いまから10年後、世の中はどうなっているのだろう。 本当に年金はいただけるのか。 息子や娘は、なにをしているのか。 10年後、いまのような「会社」組織は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気持ちが伝わる

新年明けて昨日、出社初日が終わりました。 昨年末、失敗したかな…と思ったメッセージング、実はちゃんと届いていたようです。 昨日の朝、相手方からお電話をいただき、課員に優しいお心遣いを頂戴しました。 新年早々、嬉しい贈り物でした。 ありがとうございます! 私の勤めている会社は、朝8時より新年事始めの式典があります。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるがままに生きる

あるがままに生きるのがいいよ! ..そんなふうに言うと、よく誤解されることがあります。 そんなの無理に決まってるじゃん!..とか、 理想だよね(でも無理)..とか、 バカなこといってんじゃないよ!..とか。 みなさんは、どうですか? あるがままに生きるとは、 自分の好き勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の「今年の漢字」が「金」に決まったという。 金。 オリンピックの金メダル? 「かね」ですよね。 毎年、給料が減っていくのが寂しいこの頃…。 もう少しで、私の子供たちも独立してくれます。 それまで、がんばれ―、自分!..と、ケツを叩いて頑張ってます(笑) このところ、フェイスブックを眺めていて思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーバント・リーダーシップ

理想的なリーダーのあるべき姿は、「管理・命令型」といった上からのベクトルでリーダーシップを発揮するタイプから、リーダーシップを執りつつも仲間として協働するタイプへと変化http://jinjibu.jp/keyword/detl/193/ 先日、フェイスブックである言葉に出会いました。 それが、冒頭に記した「サーバント・リーダー…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ワーク・シフト

今朝のYahoo!のトップ画面から、「ワーク・シフト-孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>-」なんて新刊本の書評にたどり着きました。 ●働き方の未来に大きな影響を及ぼす要因 1.テクノロジーの進化 2.グローバル化の進展 3.人口構成の変化と長寿化 4.社会の変化 5.エネルギー・環境問題の深刻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去は変えられない?

聞くとはなしに聞こえてしまったお話から... 過去は変えられないの。 でも、これからのことは変えられる。 だから、いつまでも過去こだわっていないで、自分のやりたいようにやったらいいと思うよ。 周りの人たちも、 そうだよねー。 あなたのように、やりたいようにできたらいいよね。 そうしないといけないんだよねー。 さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極の生き方

今日ここで示す文書は、以前私の友によってフェイスブックに掲載されたものです。 宗像恒次先生が筑波大学を退官される時に、教室のみなさんに配られたものなのでしょうか、とても深い内容なので、改めてテキストにさせていただきます。 究極の生き方 (c)宗像恒次 1.自分にとって何が愉しいかで生きる生き方 他にどう思われるかで生きる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金環日食の朝

今朝は一生に一度見られるか否かの金環日食が、 日本の各地で見られました。 みなさんは、いつもと違った1日を送られたのでしょうか? 私は... 15分早起きし、天気を確かめてみると、予報に反して晴れ。 数日前からの曇天予報に、日食グラスを購入していなかった私。 しかも、金環になる時刻はいつも地下鉄に乗っている、と...…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自律していきろ!

顔を合わせると、いつもいつも、不満ばかり言いながら、 嫌そうに仕事をしている人を見かけます。 この人、なにが愉しくて、1日1日を生きているのだろう。 ひょっとしたら、毎日のように、1日の終わりに一杯飲んで帰る、 その時間のためだけに生きているのではないかと、 思えてしまったりするものです。 自分がこんなにも仕事し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会人の心得?

1986.12.17 ⇒ 僕だって(自分の思うように)やりたい。でも、 組織というもの、上のいうことを守らないといけない..だって? それが間違っていたら正すことこそ組織、そうでないと発展はないよ。 ⇒ でも、言われることは聞かないと... 聞くことは聞いて、やることはいい。 しかしもし、それが間違っていたな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自分の信ずる道

久しぶりに、私の過去の日記から... 1986.6.29 最近、本当に、やる前からできないのどうのって、 口ばっかりで、やらねー人間が多いんだよ。 俺、言ってやるよ、 ずっと、やって見せてやるよ。 誰も認めてくれない.. でも、あきらめるな、誰かは見てくれてるから、って。 みんなで言える時が来たら、一緒に言ってく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイバーシティ

1985.10.30 自分は理論は考えられない、 が、機械まわりのソフトならできる。 分業にしたら、だと。 あいつ、自分が生き残る道を考えた末の決定だったのかもしれないが、 ようやく俺のやりたい方向に向いた感じだな。 あいつの口から、 自分が苦労したことは人にはさせず、他の苦労をして欲しい。 などという言葉が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出る杭になろう!

1985.8.5 自分の怠けを棚に上げて、 人が思いっきり仕事をやろうとすると、足を引っ張る。 全く、悪い人間が多いね。 出る杭は打たれる、か... しかし、俺は、負けん! 数々のシステム開発実績を残し、 業界(パソコンLAN)で一目置かれた社会人5年生の夏。 少し上の先輩方から、いろいろと邪魔をされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満足できる生き方

1985.1.4 本当は、俺が満足できる生き方が一番いい、と思うのだけれど、 でも他のいろいろを考えると、そういう訳にもいかず、 なんで家族なんかあるのかななんて、うっとうしくもなる。 いっそ単身赴任で一人で暮らせれば... なんても思うしね。 なんか、あまりにも自由がなさすぎるような、そんな気がする。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには一人で

またまた私の、社会人3年生の日記からです。 えっ、もう聞きたくないって...(>_<) 1983.11.6 家で、部屋の掃除して、きれいにして、 好きな音楽聴いてると、幸せだねー。 やっぱり、人と会うのが幸せのもと、 というか、 人と通じ合えるのが、本当の幸せだと思うけど、 これには相手の気持ちが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more