ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ドライマウス

<<   作成日時 : 2006/04/28 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4/9「息さわやか外来」という記事を書きましたが,
そのネタ元「ここカラダ」には,こんな記載がありました.
加齢によって、唾液の分泌量は減っていきます。薬の副作用やストレス、疲労などによっても「ドライマウス」になりがちです

あれ以来気になっていて,ちょっとネット検索してみました.
おぉ..出ました.ドライマウス研究会
神奈川の歯医者さんが創られた研究会なのかな?
Webサイトの冒頭にはこんな記載が...
人類は潤いを失ったのか!
最近ペットボトルを持ち歩く人をよく見かけませんか?
清涼飲料水の容器が10年前とくらべて大きくなっているのに気付いていますか?
環境や生活習慣の変化による全身の乾燥症状の悪化は全世界的な傾向です。
…(略)…
日本に800万人のドライアイ(乾燥性角結膜炎)患者さんの多くがドライマウス(口腔乾燥性)の症状を持つと言われており、更に欧米の疫学調査では人口の約25%が本症に罹患しているとの報告もあり、これを我が国に換算すると約3000万人の患者さんがいることになります。
また,なんとも,衝撃的な数値を並べてくれましたよねぇ.
25%といえば4人に1人.
そんなに乾いていますかね?

「よく見られる症状」としては次..とのこと.
・口が乾く
・つばがでない
・はなしづらい
・舌がヒリヒリ痛い
・食べ物がうまく飲み込めない
・味がわからない
・水をいつも飲んでいる
・口臭が気になる
・夜間飲水のために起きる
・虫歯や歯槽膿漏がひどくなった
こんな症状に心当たりのある方がいたら,
一度専門医に診てもらうのもいいかもしれませんね.

最後.
蛇足ですが,ドライマウス研究会のページには,こんなコトバもありました.
一人で悩んでいませんか?
・同じ病気にかかっているのは自分一人だけではなく、多くの人が同じ悩みをもっています。
・病気をうまく手なづけ共存して、自分の生活の質を上げ、出来る事は何でもやってみるよう心がけましょう。
・この症状をすぐに治す方法はまだ見つかっていなくても個々の症状を取り除いたり抑え込むことは十分できます。
・医学は日進月歩の速度で進歩しています。治療に向けて積極的に研究が行われているので、近い将来より良い治療法が開発されることでしょう。
なんだか「手汗」でお悩みのみなさんにも,届けてあげたいなって思いました.

その他関連サイト(検索サイトでドメイン検索してみました)
drymouth-info.net
 日本化薬株式会社提供「ドライマウスオアシス」
drymouth.jp
 東京・広川歯科医院さんのサイト
drymouth.to
 東京・山田歯科医院さん「ドライマウス研究所」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドライマウス ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる