ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国で最も発汗量の多い都市

<<   作成日時 : 2006/06/21 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんな面白い記事を拾いました.
[ 2006年06月17日 10時18分 ] 発信のExcite エキサイトニュースです.

「米国で最も汗をかく都市」はアリゾナ州フェニックス
調査は米国100都市を対象としたもので、各都市における6月〜8月の日中に平均的身長、および体重の人が屋外を1時間歩いたときの発汗量を比較して決定される。
アメリカはこんな実験を実際にやっているのですね.
す・ご・い.

フェニックスでの典型的な夏日に、平均的な身長と体重の市民が1時間に発汗する量は0.77リットル
1時間に約800ml.これって結構..ですよねぇ.そして,
フェニックス市民全体の発汗量を考えると、3時間以内にオリンピック公式プールを満タンにできるくらいの量となる
なんと..(@_@;)
私の住む名古屋も蒸し暑いんだけれど,どれくらいかいてるのかな..

でも,
マイアミにいるよりも、フェニックスにいる方が汗をかくのです。ですが、乾燥しているので汗がすぐ乾いてしまいます。マイアミではなかなか乾きません
なんだってさ.
フェニックスは気温が高くても,かいた汗がすぐ乾く.
これは汗かきさんにとっては住みよい町だぞ.
一方マイアミ.
フロリダ半島.私の行ったオーランドよりも,さらに南.
そこと同じで,名古屋の夏はムシムシなんだ.
肌にベターっと貼りつくような汗は,シャワーですぐ流したくなりますよね.
発汗は,体温が異常に上がり過ぎないようにしてくれる身体の大事な仕組みです.
こんな気候の中でも,衣類などを工夫して,うまく乾かすことができれば,
健康に暮らせるってことですね.

ところで
プロクターアンドギャンブル社がスポンサーとなる発汗調査
「汗の専門家」ジェイ・グーチ氏
汗の専門家?..なんだぁ..これは..興味津々.
それに1時間歩きながらの汗の量..実際にどうやって計ってるのかしらん.
ウェアに吸い込んだ汗を重さ変化として計るとか..?
..ちょっと暇な時に調べてみようかしらん..(^^)v

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国で最も発汗量の多い都市 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる