ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 胸部交感神経節切除術(ETS)を考える(逆リンNo.15)

<<   作成日時 : 2007/06/20 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「多汗症は病気ではない」なんて,ちょっと過激(?)なタイトルのブログです.
久々の汗ブログですね.

お題は
手掌多汗症(手のひら多汗症)の胸部交感神経節切除術(ETS)を考える

代償性発汗について
手のひらの汗というブログがある
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yuustar/sbs_dais.html
とのご紹介.代償性発汗のページを引っ張ってくれたのですね.
どなたかは存じませんが,ありがとうございます.

多汗症にお悩みの方は意外と多いけど、多汗症のことを知らない人が多いのが現状です。多汗症のことをよく理解してもらい、多汗症に対する偏見をなくそうと思いこのブログを立ち上げました。
ブログの趣旨がありました.
いいですねぇ〜.多汗症のこと,一緒に広げていきましょう..(^_-)-☆


ということで,他のページを覗いてみました.

あなたは本当に「多汗症」なんですか?

1.わき多汗症
…(略)…
2.手掌多汗症(手のひら多汗症)
…(略)…
3.足蹠多汗症(あしうら多汗症)
…(略)…
もともと、汗は体温調節の役目を果たす重要な機能である。
多汗症は、
脳が体温が上昇していると勘違いするために
大量の汗を出す指令をするのである。

『元祖デブ屋』の石塚さんは、
冬でもタクシーにのると窓ガラスが曇るくらい、
体温が高く、汗をかきやすい体質だが、
多汗症ではない。

単に太っていて常に体温が上昇しているにすぎない。

お〜っと.これは,どうよ.この記述には異議ありです!
まず全身多汗と局所多汗の区分けがはっきりしていません.
それに,手のひら,足の裏の多汗症(掌蹠多汗症)は,機序が違いますね.

手のひらの汗は,すべり止めのためにかく汗.
体温調節のための汗とは異なります!

あと..太っているから汗をかきやすい..これもイコールではありませんね.
体表面からの汗の蒸発で身体の熱が放散されますから,
その点で,肥満の方が効率が悪いとはいえるのかな..
でも皮下脂肪は断熱性が大きいですから,外からの熱には強く,
体温(深部温)は上がりにくいですよね.

偏見をなくし,理解してもらうためには,情報の正確さも必要.
...と私は思います.


いまは,ネット全盛時代.
他人の記述と自分の記述との区別もあいまいになり,
ネット記事のコピペだけで,大学のレポートにしてしまうなんて人も増えたと聞きます.
なにが正しい情報なのかも判りゃしない.なのに...
だからこそ,正しい汗の情報提供は大事です.
素晴らしいブログ趣旨だと思います.一緒にがんばりましょう!


※Yahoo!ブログ版「逆リンクブログ」をよろしくね(^_-)-☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
胸部交感神経節切除術(ETS)を考える(逆リンNo.15) ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる