ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ミョウバン水の作り方

<<   作成日時 : 2007/09/22 22:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 1 / コメント 0

3連休.久しぶりにネットをふらついていたところ,
「デオナチュレ」なんていう制汗剤(?)がひっかかりました.

アルム石...?
と思いつつ,読み進んだらありました
アルム石は、火山地帯の地中にある天然鉱物塩の一種です。
ミョウバンとも呼ばれる無香料・無着色の天然デオドラント成分です。
ミョウバンなんですね.20〜60gで税抜き1000円...

ミョウバンが1000円ねぇ...

「ミョウバン水のページ」
こんなページもありました!!

◎焼きミョウバン
食料品を扱うお店の漬物用食品のコーナーにあります。50〜60g入のもので100円程度です。
なんて,書いてありますね.

自分で作るのが面倒,
クリーム状になってない,
パウダーが配合されてない...
まぁ,違いは少しありますが,それで10倍の値段になるんですよね.
容器代,外装代もあるか...

デオナチュレ..なんか,言葉の響きもいい?
対して,ミョウバン..
株式会社シービックさん,商売うまいなぁ...


最後.汗で有名な五味先生のページにもありました.
 最近いくつかのテレビ番組で、ミョウバンの話をしたところ反響がありましたので、ここでもう一度ミョウバンによる体臭予防法について説明しましょう。

 ミョウバンはご存知のように、日本では漬物の発色剤や麺のかんすいとして広く使われている食品添加物で、スーパーや薬局では100円程度で売られています。

 ミョウバンとは、何かというのは、一言で説明するのは難しいのですが、簡単にいうと、カリウムやアンモニウムなどの金属とアルミニウムなどの金属が硫酸塩の形でむすばれた複合塩の総称です。
 現在市販されているものは、メーカーが工場で合成したものですが、自然物としても採取されます。別府のミョウバン温泉は有名ですし、古代ローマ人は、制汗剤として日常的に使われていたと言われます。つまりミョウバンは世界最古のデオドラント剤でもあるのです。シーザーがクレオパトラと愛を語る時、ミョウバンを腋に塗ってからでかけた様子を想像すると楽しくなりますね。

 ヨーロッパでは、このミョウバンが結晶となった天然塩を「アルム石」と呼んで古くからデオドラント剤として使用していました。
 現在は、日本でも天然アルム石に殺菌作用のあるフェノール等の化学物質を配合して自然に近いデオドラント剤として販売されています。

 では、なぜこのミョウバンが体臭予防効果があるか説明しましょう。

 まず第一に、ミョウバンは水に溶けると酸性になるということです。ニオイは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解することで発生します。皮膚が酸性であれば、雑菌の繁殖が抑制され、結果的に臭いが抑えられるのです。制菌作用にとどまらず、より積極的な殺菌作用もあるようです。

 第二に、収れん作用、つまりミョウバンの制汗作用です。ニオイ成分の含まれた汗をおさえれば、当然臭いも抑えることができるのです。ところが、このミョウバンの制汗のメカニズムはあまりよく分かっていません。
 アルミニウム塩が汗腺の導管周囲に炎症をおこし、導管を閉塞させるのではないか。アルミニウム塩のゼェル状のものが導管に入って出口を塞ぐのではないか。または汗腺の導管部の透過性が高まり汗を再吸収してしますのではないか。さらにはミョウバンのたんぱく質変性作用で表皮の角質が角化するからではないか、などさまざまな説があります。おそらくその全てが起こって汗を抑えているのでしょう。

 第三は、皮膚上で作られたニオイそのものを消臭する作用です。ミョウバンにはさまざまな金属が含まれていますから酸化還元反応による金属消臭が行われたり、ニオイ成分の中和による消臭も行われます。
 特に、酸性の性質があるミョウバンは、アルカリ性のニオイ成分であるアンモニアに対する消臭作用は特異的で、汗くささを抑えるのには非常に有効です。

 さて、それではこのミョウバンのデオドラント剤としの上手な使用の仕方を説明しましょう。
   :
   :
   (略)
丸々コピペするのは問題ですね.
この先は,先生のページに行ってご覧になってください.

私のページに来られる方は,
ミョウバンなどで抑えられるような量の汗ではないかもしれませんね.

でも,ニオイや汗でちょっとお悩みの方.
こんなものもあるぞということで,1つ記事にしてみました.

いわゆる多汗症の方には,塩化アルミニウム液をオススメします.

※汗関連情報は「ゆう星☆汗の輪」へどうぞ.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アクセス トップ1
ここ「ここからぶろぐ」のPageView Top10(2011/9/27現在)です。 ...続きを見る
ここからぶろぐ
2011/10/01 19:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミョウバン水の作り方 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる