ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 健康経営

<<   作成日時 : 2014/08/24 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

久しぶりに「健康経営」について書いてみる。
企業の経営者には、ぜひ読んでもらいたいと思っている。

健康経営について、日本政策投資銀行(DBJ)のフェブサイトに記されているので引用する。
http://www.dbj.jp/service/finance/health/index.html
健康経営とは従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す経営手法


また、NPO健康経営研究会のウェブサイトには、
http://kenkokeiei.jp/kenko_02.html
健康経営とは、経営者が従業員とコミュニケーションを密に図り、従業員の健康に配慮した企業を戦略的に創造することによって、組織の健康と健全な経営を維持していくこと
と定義されている。


この該概念、米国の臨床心理学者ロバート・H・ローゼンが1980年代 ”Healthy Company” という概念を提唱したことが始まりだと言われている。
(ロバート.H.ローゼン:ヘルシーカンパニー.宗像恒次監訳.産能大学出版部.1994.)
画像


そう、わが師・宗像恒次が日本に最初に持ち込んだ言葉なのだ!


閑話休題。
このような捉え方をした方がいい理由がある。

アメリカの調査によるものだが、某金融関連企業における従業員の健康問題に関連するコスト集計に占める医療費は1/4程度であり、2/3はプレゼンティーズム(職場に出勤はしているが、何らかの健康問題の存在によって、業務の能率が落ちている状況)によるものだったというコスト構造が明らかになった。
http://www.prevent.org/downloadStart.aspx?id=18

プレゼンティーズムは自記式の質問票で測られるが、直接的な医療費を上回るきわめて大きなコスト要因であるということに関しては、大方の認識が一致しているという。

先の医療費に占める症状、疾患は、@がん、A肩こり・腰痛、B冠動脈性心疾患、C慢性疼痛、D高コレステロールでいわばメタボ関連、対して総コストを占めるそれは、@肩こり・腰痛、Aうつ、B倦怠感、C慢性疼痛、D睡眠障害でメンタル関連(Loeppke R, aitel M, Richling D, et al. Health and productivity as abusiness strategy. J Occup Environ Med 49(7):712-721. 2007.)。

このように眺めてみると、目に見える「医療費」だけに着目していても、経営はうまく立ち行かないのだ。


全国の経営者諸君、いい加減に目を覚ませ!
社員の健康管理は経営課題であり、マネジメントすべき項目なのです。

いきいき元気な職場環境を創るのは、企業の経営者であるあなたの責任なのだ!
一刻も早く「人」を「財」と見、人財開発をしていこうではないか。


(参考・引用)
「尾形裕也:健康経営と企業経営の関わり、産業保健21、2014」
http://www.rofuku.go.jp/Portals/0/data0/sanpo/sanpo21/sarchpdf/77_02-11.pdf


会社と社会を幸せにする健康経営
勁草書房

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 会社と社会を幸せにする健康経営 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
医療費なんてちっぽけだ!健康コストを考える
先日、健康経営について書きました。 http://yuustar.at.webry.info/201408/article_5.html その中で、「プレゼンティーズム」なる難しい言葉が出てきました。 ...続きを見る
ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)
2014/08/30 22:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
健康経営 ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる