ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS デキる上司−職場のコミュニケーションを考える

<<   作成日時 : 2014/11/10 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も残すところ1ヵ月半。
埼玉、秋田、東京、北海道、岐阜…と飛び回り、忙しくしていました。
画像


昨年7月、いまの部署に異動し、新しい職に就いていますが、
今年は「自分にしかできない仕事」をしよう、お役目を果たそうと決意し、
手応えが得られるようになってきたので、
いまは「サッ!と健康トレーナー」とは別に「職場環境改善プロモーター」を名乗っています。

10月最初の休日に、フェイスブックのプロフィールに私の思いを載せましたところ、
思わぬ反響があり、はじめての方や懐かしい方からのメッセージが寄せられています。

想像以上に、みなさん職場のことで悩まれているんだなーと、改めていま思います。

また一方、それらを監る人たちも、どこに着眼し、どう導いたらいいか、
現場の方以上に悩まれているんだということを痛感しています。


…ということで、今回は職場環境改善はじめの一歩
職場におけるコミュニケーションの取り方について、
書いておきたいと思います。


コミュニケーションの基本は、相手の「気持ち」をよく聴くことです。
みなさん、よく話しは聞いてるよっておっしゃいます。
でもね、相手が本当に素直な気持ちを伝えてくれているかは大きな疑問!
事柄の背景にある気持ちを聴くことがポイントなんです!


上司の方にお願いです。
自分と違うなと思っても、決して相手を否定せず、
まずは相手の話に耳を傾け
○○でよかったかな?、○○と思うんんだね?…などと、
部下の置かれた立場に、自分の身を置き、共感して返してあげてください。
返してみて、部下の顔が曇っていたら、
あっ、ごめん、ちょっと違ったかな?
どなん感じか、もう一度教えてくれないか?
そう聞いてみてください。
部下の目がキラッと光るまで、その繰り返し!
それだけで相手は、自分の気持ちを分かってくれたと安心します。

その過程を経た上で、自分の思いが違うことを伝える必要があるときは、
常に「私は」を主語にして、○○と思う、とその違いを伝えてください。
そして、どうだったらいいかを問いかける。
その時に、部下が合わせてくれることを絶対に強要しない。

○○ということでよかったよね?
で、そのことなんだけれども…
私は、○○って思うんだけど、どうなんだろうね?

というように、違いを知ってどうするかを、部下に選択させるように伝える。
そんな方法をとってみてください。
これだけで、上司と部下の関係が驚くほど変わると思います。


どうですか?
これ読んで、試してみたくなったでしょ?

コミュニケーションなんて、知ってしまえば意外と簡単に改善できるんです。

でもね…
人間感情のいきもの。
知っただけでは、なかなかできないよってのも事実です。
自分のものにするために、日々トレーニングが大事なんです。


これからの「デキる」上司は、コミュニケーション上手な人です。
私は、あなたを、応援しています!(^^)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デキる上司−職場のコミュニケーションを考える ここからぶろぐ(こころとからだのブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる