いま、新型コロナウイルスが生じた意味について考える

いまの日本は医療崩壊寸前にあり、感染爆発一歩手前であることは、現場で医療に携わる方々の声を聴けば事実だとわかる。 それは、有事の医療体制が、迅速かつ十分に整えられないためなのかもしれない。 交通事故やインフルエンザによる死亡数と比較し、コロナは心配することはない。 マスコミが煽ったせいで、必要以上に不安な空気が漂っているだけだ…
コメント:0

続きを読むread more

with CORONA で思うこと

昨日、満を持して「緊急事態宣言」が出された。 これから、対象となる東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県では外出自粛や、学校、百貨店、映画館などの使用、イベント開催の制限・停止が要求されていくことだろう。 これに対し反対の意を唱える人もおみえになるが、直近の感染者数の上昇度合いを見れば、私は逆に遅すぎたくらいではないか…
コメント:0

続きを読むread more

with CORONA の時代へ

新年度も第2週となりましたね。 三寒四温、暖かかったり寒かったりを繰り返しながら、 確実に春が過ぎていきます。 買い出しがてらに撮った近所の桜。 この美しさに、心が洗われますね。 自然(地球)は、なんてステキな演出をしてくれるのでしょうか。 さて、コロナの進撃は勢いを増し、 いよいよ明日(4月7日)、政府か…
コメント:0

続きを読むread more

いま家にこもらないといけない理由

今回も、自省を含めてこの話題について書いてみたい。 残念ながら、愛知・名古屋の首長さんたちからは、東京・大阪のような危機感が伝わってこないが、SNSを見ていると、いまだに花見に行ったり、会食したりしている人がいる。 先日、食料の買い出しつでに公園を抜けてみたら、なんと高齢者の方たちが多く寄り、ゲートボールをしているではないか。 …
コメント:0

続きを読むread more

リスタートとこのブログについて

世界は新型コロナに侵されていますが、令和2年度が今日スタートしました。 先日、フェイスブックの方でこのブログを再開するとつぶやいたので書いてみますね。 去年6月25日以来、約9ヶ月ぶりのリスタートとなります。 これまでも何度も中断し、このブログのサーバーを置いているBIGLOBEもNECから分社され、仕様も変わりました。 以前は…
コメント:0

続きを読むread more

ヒューマンスキル・ソーシャルスキル

私は、ヘルスカウンセリング学会公認ソーシャルスキルトレーナー。 この「ソーシャルスキルトレーニング」、 ネット検索してみると、以下のような記述がすぐにみつかる。 人が社会でほかの人と関わりながら生きていくために欠かせないスキルを身につける訓練のことを指します。 発達障害のある子どもなどに対して効果があるとされ、学校や療育施設、病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傾聴力を高めるトレーニング

3か月前、社内で、5年ぶりに「傾聴」の講習会&ワークを行いました。 ほぼ同じ内容で、3度も聞いた受講者もいます。 でも、5年という期間の過ごし方が違ったのか、 多くの方は、初めて聞くかのような顔をし、傾聴も上手くできませんでした。 いま、世の中ではコミュニケーションの大切さが問われています。 でも、この人たちは、その重要性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニケーション向上の前にやる必要のあること

2019年3月20日(水)更新 社会の課題を解決しながら、人と組織はどう変化していくのか【早稲田大・村瀬俊朗准教授×鹿内学さん】 https://bizhint.jp/report/251239 村瀬:いま、リーダーに求められているのは、組織をどのような方向に進めていきたいのか、明確に説明できる能力 です。ただ「こうしたい」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職場を任された上長に必要な「聴き方」

ただ部下の力になりたい、元気づけたい、そんな動機であれば「いま、なにか気になることはありますか?」、そんな聴き方から入ればいい。 けれども、職場を任された上長は、部下に元気になってもらい、その力を十分に発揮してもらい、組織目標を達成させるのが仕事。 ただ「聴く」だけでは、すべてを相手に委ねてしまうこととなり、組織目標の達成の保障は得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「漠然とした不安」を感じるあなたへ

「漠然とした不安」をグーグル検索してみた。 関連する検索キーワードを見てみると… 漠然とした不安 将来 漠然とした不安 うつ 漠然とした不安 恋愛 漠然とした不安 文学 漠然とした不安 結婚 漠然とした不安 動悸 なるほど、やっぱり将来不安があるんだね。 年金、どうなるのかわかんないし、雇用状況だってわからないよね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心のクイックセラピー

パーソナル・メンタルサポート・サービスを提供します。 まわりの人、自分の大切な人に、わかってほしい、察してほしい、 こうであってほしい、見捨てないでほしい… そう思いながら、 それを言ったら、嫌われるんじゃないだろうか、 あきれられてしまうんじゃないだろうか、 バカにされるんじゃないだろうか… そんな不安が頭をよぎり、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しあわせ」ってなに?

内閣府経済社会総合研究所は「内閣府のシンクタンク」だそうです。 こんなところにも、私たちの血税が使われているのかな… なんてことは置いておいて、 この研究所が「幸福度」の研究についてまとめていました。 トップページ ≫ 研究 ≫ 現在の研究テーマ ≫ 社会指標に関する調査研究 ≫ 幸福度研究について http://www.es…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ競争を続けるの?

以前引用したAllAboutの寄稿者が、その前にこんなことを書いていました。 仲間を蹴落とすと会社の生産性は下がる!心理的安全性とは(2018/7/25) 筆者の結論はこれ …過去の成功パターンを踏襲できず、何が流行し廃れるか分からない時代には、少数派の意見やメンバーのささやかな感想こそが、思いがけない価値を生み出すかもしれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見えてきた「ストレスチェック」の問題点

私が監査人になったのは2013年7月、あれから6年近くが経過する。 私の勤める会社では、ストレスチェックが義務化される数年前から、福利厚生の中で従業員のセルフケア目的に提供されてきたが、いまの職に就き、私はその組織診断結果をいただき、職位・職種を越え1,000人近くの方々と個人面談をし、組織開発を仕掛けてきた。 3/25、そのア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働き方改革にモノ申す

今年の正月、こんな記事が掲載されていた。 「見かけ倒し」と平気で言ってのけているところが、なんとも心地いい。 2018年の「働き方改革」 ほとんどは「見掛け倒し」の実態 今野晴貴 | NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者。 1/1(火) 11:56 https://news.yahoo.co.jp/byline…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからの会社組織の形

世の中は確実に変わってきているね。 大企業の中にいると、なかなか見えてこないんだけど、 こんなウェブサイトを見ると、わくわくしてくる。 ダイレクト・ソーシングジャーナル 働き方や組織の形がどんどん変わってきている。 働き方改革なんて、声高に叫ばなくても、 ここに登場するような会社が増えていったら、 世の中、断然楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職場に必要なのはチーム力

職場に必要なのはチーム力 そのために、「心理的安全性」が確保される「場」を、みんなで創っていく必要があるんです! ってことは前にもお話しました。 相手を思いやる心、尊敬する心が大事ですよね。 でも、競争社会の中で育った私たち、 生物の生き残りのための遺伝子に刻まれている記憶までありますから、 どうしても自分と相手とを比べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働き方改革で求めるものは

2019年3月12日(火)更新 最新のリーダーシップ研究から見えてきたリーダーの条件とは【早稲田大・村瀬俊朗准教授×鹿内学さん】 https://bizhint.jp/report/251236 この記事、別に働き方改革について書かれているわけではないんだけれども、私のまわりでは「早く帰れ」ばかりで、しかも効率ばかりを問われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまさら聞けない「働き方改革」

少し前、リクルートマネジメントソリューションズがこんな記事を挙げている。 「働き方改革」とは? いまさら聞けない基本から、今後のトレンドまで 2019年02月18日 働き方改革って言葉は知ってるけれど、正直、詳しく知らないんだよねって方は、目を通してみるといいかもしれない。 企業の幸せと従業員の幸せ、いずれの観点か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more