人生はジェットコースター

どうですか,この発想...

 誰だって落ち込んだり、怒ったり、悲しんだりすることはある。でも私が学んだことは、落ち込むときはとことん落ち込むということ。たとえば、ジェットコースターの下りのときにブレーキをかけつづけたらどうだろう。「嫌だあ、落ち込むのは嫌だあ。どん底なんて嫌だ。落ちたくな~い!」とブレーキをかけつづけたらどうだろう。きっとその落ち込む体験は、長く苦しいものであり、ブレーキをかけようと踏んでいた足は疲れ、ブレーキは焼けつき、汗だくになってしまう。
 それでも、やっぱり、ジェットコースターはどん底につく。しかも、ブレーキを踏みつづけたために、底についたときには疲れ果て、ゆっくりゆっくり降りてきた車体は勢いがなくなり、上昇していく勢いがない。それならば、両手をあげて(?)「きゃ~!」と叫び、楽しみながら落ちていくのはどうだろうか。どうせ落ちていくのだから、自然に任せて落ちてみたい。勢いよく落ちた車体は、その勢いで、またすぐに高く上がっていくことができるではないか。人生も同じなのである。
佐々木かをり「自分が輝く7つの発想」より引用)
なんとも,あっぱれ!
いやぁ,そして,この考え方に,私は思わず拍手しました.

心身症も同じです.
どうせ落ちるならとことん苦しみ,速く落ちる.
そしたら,心が疲弊する前に,
症状が軽くなり,早くに次の行動を起こせるかもしれません.

病めば病んだ分,回復に長く時間を要する気がします.
なんかおかしいな.
そう感じた時は,その感覚に抵抗せず,グッとその波に乗り,うまくやり過ごす.
そしたら意識は症状に固着化せずにすむ.
こんな対処の極意を身につけられたら,もう怖いものなしですね.

みなさん,どうでしょう?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しんじょう
2006年08月29日 05:02
人生にも体にも自然にも、その他すべてが平衡関係で成り立っていると、最近特に強く思うようになりました。落ちる時があれば必ず上がるときがある、破壊の後には生産があるのですよね。
トト
2006年08月29日 05:51
トトは幼少の頃から辛い体験をしてきたので、回復するのに時間が掛かっているのかなぁ…?
固着化してるところが潜在的にあるのかも…。
人生、うまく波に乗って、やり過ごせたら、もっと楽になれるだろうなぁ~。。。
速く落ちてないから…ノロノロでもいいから上に上がっていこうという気持ちを、まず持つ事から始めなきゃなぁ…
ゆう星☆
2006年08月30日 00:55
しんじょうさん.
そうですね.輪廻とも言う..ってか.

トトさん.
気持ち待ってちゃ始まんないよ.まず行動.
そしたら気持ちはついてきますよ.
がんば..o(^^)o
トト
2006年08月30日 06:03
ゆう星☆さん、きびしぃ~…(涙)
トトは、「まず行動」の勇気が出なくて、苦しんでるんだもんっ。。。
ゆう星☆
2006年08月30日 06:44
だから~.
勇気なんてものは行動してこそつくってもの.
失敗を恐れないことだね.
ころんでもいい.前を向いて歩く..です.
トト
2006年08月30日 09:37
そうなの~~
じゃあ、ゆう星☆さんから「勇気」を貰っちゃお~っと!(また、怒られそう。。。)
ゆう星☆
2006年08月30日 21:59
私があげられるのなら,どれだけでも持ってって(笑)
いやいや,トトさん.あなたのまんまの人生,楽しんでくださいな.

この記事へのトラックバック

  • みんな海が好き?

    Excerpt: 「エスクァイア日本版 デジタル写真賞」なるものがあるそうです. そのYahoo JAPAN!賞に輝いたブログがここ. Weblog: ここからぶろぐ racked: 2007-03-08 23:44