保健指導対象者の階層化

ちょっと前,
「標準的な健診・保健指導プログラム(確定版)」が出ましたね.

指導対象者の階層化基準も,見事なまでに整理されました.
その第1は腹囲BMI

おっと,やっぱり紆余曲折はありますが,男性85cmを固持しています!
これを論ずると長くなるので,別の機会にとっておいて,
今回は,その後.

ステップ4.
・服薬中の者については、医療保険者による特定保健指導の対象としない。
・前期高齢者(65歳以上75歳未満)については、積極的支援の対象となった場合でも動機づけ支援とする。
これって,どうよ?

継続的に医療機関を受診しており、栄養、運動等を含めた必要な保健指導については、医療機関において継続的な医学的管理の一環として行われることが適当であるため。
では...
ボナロンを常用している私は,保健指導を受けられないの?
資格ナシ?
3時間待って3分診療.
この待ち時間は,改善されているかもしれないけれど,診療時間は変わらんでしょ.
私ゃ,いつも先生に話しかけようとするのだけれど,
顔はパソコンの画面を向いて,手はキーボードを打ちまくってる.
患者とちゃんと向き合わないで,どうして
栄養、運動等を含めた必要な保健指導
なんぞ,できますかいな.この実体.どう説明してくれますよ?

でもって,極めつけは2つめの方.
予防効果が多く期待できる65歳までに、特定保健指導が既に行われてきている
だから,前期高齢者には積極的介入はしないだって.
ウソっ!..これは,ウソだよ.
そんな指導されてないって.だからメタボになるんでしょ?
積極的介入には金がかかる.
リスクの多い後期高齢者は,この基準でチェックしたらひっかかるんだよ.
..本音はこんなところじゃないのかな.

あっ,ごめんなさい.
今回はバックデータを基に,ものを言っていません.
単なる感覚にすぎません.
そこのところ,どうぞご容赦を..m(__)m

他に見る項目は,血糖,脂質,血圧,喫煙歴.
たったこれだけ..いやぁ,シンプル..

※ 時間のない方はこちらをご覧ください.
標準的な健診・保健指導プログラム(確定版)-概要-

健診項目はP.2,
保健指導対象者の選定基準はP.3~P.4.
よくまとまっています.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック