45日間で4キロ痩せる方法(逆リンNo.28)

SAP - DON'T BECOME A MONSTER IN ORDER TO DEFEAT A MONSTER -
なんてブログです.

お題は
SAP > Diary > 45日間で4キロ痩せる方法

1月の半ばに会社の友達と2人でダラダラ飲んでいた時、酔った勢いでダイエット競争をすることになった。

ルールは以下の通り。

一、2月末までに4kg痩せる。
一、毎日同じ時刻に体重を量り、そのデータをイントラネットでお互いに公開する。
一、3/1の朝に計測した値で、判定をする。
一、ダイエットの方法は問わない。ただし、食事制限ではなく、なるべく運動して痩せること。
一、失敗したら1ヶ月禁酒。
だそうです.
失敗したら1ヶ月の禁酒って,あなた.なに,それ?(笑)

次の日から試合スタート。過酷なダイエット競争がはじまった。
今まで通り生活していたら体重は減らないので、まず作戦を立てることに。
運動消費カロリー計算機で、普通に生活した場合の基礎代謝を計算。
睡眠7hで500、仕事8hで900、その他7hで600、通勤2hで100、合計で1日2100kcal。つまり、普通に生活していても2000kcal以上は消費できる計算になる。
と,ちょっとコトバは間違っていますが,
「運動消費カロリー計算機」 を使って,まず普通に生活した時の,
1日の総消費カロリーを計算されたワケですね.
これを基礎値とした.うん,うん.

厳しい食事制限はしたくないので、1日2000kcalは摂取してもOKとした。昼飯は普通に定食屋で1200kcalぐらい。夕飯は抑え目で800kcal。朝飯はもともと食べてないので、抜き。
ちょっと偏ってる.
夕食減らしてるのに,朝も食べない..
これじゃあ,午前中はエネルギー切れ.仕事にならんでしょ?

色々なサイトを調べたところ、脂質1kgは7000?9000kcalであることがわかった。計算の簡単化のため、8000kcalということにする。つまり、食事で取得したカロリーより800kcal余計に消費すれば、0.1kg痩せる計算になる。
あっ,勝手に「簡単化」なんて言って数値決めてるよ.
この場合,7000kcalで計算してください.
体脂肪には,水分とか混じってますから...

2000kcalを食事で摂取した場合、1日2800kcal消費しなければならない。
厳しい値で見積もると、0.1kg x 40日でマイナス4kg。短期決戦なので、これでいくしかない。
問題は、どうやって毎日800kcal余計に消費するかであった。自分の性格上、会社から帰ってきて更にジムに通うような根性は無い。考え抜いた末、試しに会社から歩いて帰ってみることにした。押し入れに眠っていた万歩計で計測したところ、会社から家まで片道で約10000歩、消費カロリーは約450kcalだった。時間にして1時間半。
毎日、電車通勤をやめて行きと帰りを歩けば、900kcal消費できる。目標達成できる!
そこから毎日、会社の行きと帰りを歩くことにした。1日3時間、歩きまくり。やったるでぇ!
おっ!これは,なかなかいいプランニングですね.
通勤を電車からウォーキングに換える
これは,私も昔実戦経験がありますが,
絶対に止められないので,いい方法だと思います.

でも
めちゃめちゃ辛い。2日で挫折。
なんだ...
そりゃ,突然3時間歩こうなんてのは,ムリですな.
週1000歩ペースでのアップだったらできただろうに...
でも,そんな時間の余裕が,今回はなかったから仕方ないということか...

ついでに,1つ.計算がどうかな?という点を挙げさせてもらうと,
10000歩450kcalってやつ.
これって,きっとその時間分の「基礎代謝」
あるいは「安静時代謝」も含まれている,と思うんですね.
10000歩だと,そんなにカロリー,消費できないです.

結局、行きか帰りのどちらか一方に減らして、食事を1600kcalに抑えることにした。それでも大分辛かったが、まあなんとかなるレベルの辛さになった。
うん.いいところに落ち着きました.
でも1600kcalの食事制限って,結構辛いでしょ?
糖尿病じゃあるまいし..

毎日1時間半歩いて少し食事を抑えれば、45日間で4kg痩せる事ができます!
ただし、ちょっと辛かったです!
でも,みごと達成したんですね.すごい!
で...その後,リバウンドはありませんか?


※Yahoo!ブログ版「逆リンクブログ」をよろしくね(^_-)-☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック