継続ドライバ

http://www.sportz.co.jp/project_note/contents/91.html
私たちは国内外の様々な健康ビジネス事例研究、専門家へのヒアリングから、健康行動の継続に作用する支援技術を探査・抽出・整理して「継続ドライバ」と命名し、2007年から自主研究を行っています。


継続ドライバ」とは、スポルツさんが命名した「健康行動の継続に作用する支援技術」で、以下の10の要素を定義しています。
1. インセンティブ
2. ヘルスコミュニケーション
3. パーソナライズ
4. ビジュアルモニタリング
5. ヘルスナレッジ
6. 交流
7. コンペティション
8. エンカレッジメント
9. ITベネフィット
10. エンターテインメント


3ヵ月続けないと習慣化は難しい、よくいわれます。
その「続けさせる」支援技術を、上のようにまとめられているんですね。

努力なくして成功はない。
健康行動の継続なくして健康はない...ということになりますか。


私はヘルスカウンセリング学会の「公認健康行動変容支援士」です。
クライアントの変えたい行動を特定し、そのような自分になるためにこれから実行することをコミットします。
ここでポイントとなることは、その行動が「いますぐ」できそうと思えることです。クライアントが「○○をする」といったとき、その実行自信度を訊ね、80%以上になるまで行動目標を細分化します。

ストレスが強く、「やれる見通し」が立たないと行動には移せません。
なので、行動目標を3つほど立てた後にストレス度を訊ね、30%未満か否かを訊いてみます。
なかなかストレスが取れず、自信が上がらないとき、「(ストレス度が)30%未満になることを妨げているものは何ですか、ひらめいたことをお答えください。」..などと問いかけます。

人は過去に縛られ、過去の苦い失敗体験(心傷体験)が新たな行動を妨げます。
過去と同じ結果になるとは決まっていないのに
、です。
公認健康行動変容支援士や公認心理カウンセラーは、この過去の心傷体験を癒し、自ら克服するイメージを持たせた後で、先のようなコーチング手法を用いて行動変容を支援していきます。

嫌なこと、苦しいことは、いくら頑張っても長続きはしませんよね。
「継続」させるためには、過去(の認知)を変える。
そしてさらに、そんな自分でイキイキと生きている自分を、リアルにイメージしてみるといいでしょう。
そこまでできたら、動かずにはいられないくらい楽しくなりますからね..(^_-)-☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 未来を創る

    Excerpt: 昨年の暮れ、行動変容するための「継続」についてお話しました。 http://yuustar.at.webry.info/201112/article_4.html その最後に、一文、 イキイキと.. Weblog: ここからぶろぐ(こころとからだのブログ) racked: 2012-01-07 17:32