社会人の心得?

1986.12.17

⇒ 僕だって(自分の思うように)やりたい。でも、

組織というもの、上のいうことを守らないといけない..だって?
それが間違っていたら正すことこそ組織、そうでないと発展はないよ。

⇒ でも、言われることは聞かないと...

聞くことは聞いて、やることはいい。
しかしもし、それが間違っていたなら、
正すことは、しないといけないだろう。

正しいかどうかわからないなら、それがわかるまで勉強しなさい。
血圧計がどうのというのなら、
血圧計をやっている会社が、いまなにをやっているのか、
あるいは君の思うやり方が、
どうして正しいといえるのか調べましたか?
関連する文献は読みましたか?
会社に入ってからが、本当の勉強なんですよ!

それはやってません..?
それなら、まず言われるようやって、
正しいかどうかが判断できるようになるまで勉強しなさい。
君はまだ甘いと思うよ。
人と同じことをやったって、何も進歩はないよ。
文句を言わずに、言われたことをまずやってみなさい。
それが嫌なら勉強しなさい。

人が、それはダメだというのなら、
自分の思う、その方法がいいと思うのなら、
本当にいいということを、認めてもらえるように努力しなさい。
君はなにかしましたか?
なにもしないで、相手を批判してはいけません。


社会人6年生の冬、28歳になった私の日記。
上司が交代して、あきらめかけてる後輩に、私が言ったことです。
私はこの頃、血圧計測時の血管音をマイクで拾って周波数解析し、体動ノイズに強い血圧測定法の研究開発をしていました。

でも、なんか、厳しく生きてるね。
自分の信念の表れだったのかもしれないけれど、
こういう言い方じゃ、この後輩の心には届いていないね。

ダブルスコア近く生きてきた今は、
「正しい」「正しくない」という議論は無意味だと思っています。
そういう価値判断は、立場、環境によって180度変わってしまうから。

自分の思うようにやりたいけれども、上のいうことを守らないといけない、
その狭間で、身動きの取れなくなっている後輩の気持ちを、
まず、ちゃんと聴いてあげることが大事でしたね。

当時、こんな対応ができていたなら、
きっと彼とは心打ち解けて、うまくやれていた気がします。

この2年後、私は彼とは違う部署に異動になったのですが、
彼は上司とうまく行かず、会社を去っていきました...

いま、どこで、どうしているのだろうな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック