テーマ:生活習慣病

日本の病院は野戦病院-SAT療法の必要性

日本の病院は野戦病院にしか過ぎない…例をあげると,ある患者さんが肝炎になり入院する.その後ライフスタイルを改善することなく,やがて慢性肝炎で再入院して,さらには肝硬変になり再入院,その後肝がんで再入院するというような診療記録が多々ある.確かに入院するたびに対症療法がされているが,同じ人が何度も身体症状を出して,同じ病院に入院している.ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療費適正化計画

厚生労働省は医療費削減(適正化と呼んでいる)のため, メタボとその予備群の減少率や療養病床数の数値目標を決めて取り組むという. 生活習慣病の予防対策 ・特定健康診査の実施率 ・特定保健指導の実施率 ・メタボリックシンドロームの該当者・予備群の減少率 2012年度末時点の目標値を70,45,10%と定めた. 入院期間…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小象の会

小象の会 生活習慣病防止に取り組む市民と医療者の会だそうです. いろんなNPOがあるものですね. 食生活を変えるのは、人の性格を変えるくらいむつかしい課題であるとも言われます。各種の情報が氾濫する中、個々人が自主判断だけで適正な食生活を継続的に実行することはなかなか困難なことで、何らかの現実的な対策が必要です。ぅん? 変えて…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

エクササイズガイド2006に残された課題

先日引用した花王さんのヘルスケアレポート. バックナンバーの中に,こんな記事がありました. 例のエクササイズガイド,運動基準の策定のお話です. 生活習慣病の予防を目的とした運動基準の策定 著者は策定メンバーの一人, 独立行政法人国立健康・栄養研究所 健康増進研究部長の田畑泉先生. 今後の研究課題が述べられています.…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

メタボリ先生

血管年齢と肥満度をすぐに測定できる『メタボリ先生』 2006.10.13発売 こんなニュースリリースをみつけました. 東京法規出版というと,健康関連図書の出版屋さん. 私のもつ会社イメージは,そんなところなのですが, このメタボリ先生は..異色ですよね. メタボ便乗商法? 性別,年齢,身長,体重を入力し,指先をセンサ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

メタボチェック

健康情報ホームページ「うらりねっと」 日本ケミファさん提供のページです. ここに最近話題の「メタボリックシンドローム」のページがあります. ちょっと覗いてみましょうか... 「メタボリックシンドローム管理手帳~高尿酸血症編~」だってさ. 高尿酸血かぁ... そういえば私,去年の秋は尿管結石で七転八倒してたんだよな. 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタボリック考

本日9月4日,日本経済新聞朝刊5面. 『小太りこそ健康の証し 「メタボリック」基準緩和を』の記事. ウエスト85cm以上は危険,と聞いたときは,不摂生の烙印が押されたような気がした.そのおどろおどろしい名前とともに,メタボリックシンドロームの判定基準のアナウンス効果は相当にあった.トップダウン式に「とにかく体に悪い」ではなく,ど…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

データで見る頭痛の実態

4/17『データで見る頭痛の実態「頭痛白書」完成』 こんなタイトルのニュースリリースを目にしました. 掲載はエスエス製薬のWebサイト. ここは,私が愛飲している「ハイチオールC」なんて薬を作っている会社です. あっ,私,美肌のために飲んでいるワケではないのですよ. じゃあ,なんで飲んでるの?...って?(笑) エスエス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いま,なぜ「メタボリックシンドローム」なの?

いまから約1年前の平成17年4月8日, 日本内科学会,日本肥満学会,日本糖尿病学会など8つの学会 の委員で構成される 「メタボリックシンドローム診断基準検討委員会」(委員長松澤佑次氏)が, 「メタポリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」という疾患の概念と, その診断基準を公表しました. 以前から,世界保健機関(WHO)な…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

骨の健康度チェック!

先日ご紹介した「骨粗鬆症と関節痛の総合情報サイト」RICHBONEに, 「骨の健康度チェック!」というコンテンツがありました. さっそくやってみましたが,私は「青」. 今のところ、骨量は大丈夫そう。 でもこれで安心しないで、ヘルシーなライフスタイルを続けてください。 お母さんやお友達にも指導してあげましょう! でした. …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

骨粗鬆症の年代別治療方法

「骨粗鬆症」.もうみなさんご存知ですよね. 身体を支える大事な骨が,スカスカになってしまう病気です. 骨は老いるにつれ誰でも,だんだんと減っていくものなのですが, これで一番問題となるのは,転倒による骨折. 私の祖母も,雪の日に外で転んで,股関節に人工関節入れてましたっけね. それからほとんど寝たきりになって... 私の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管しなやかねっと

ノバルティス ファーマさんのWebに,こんなサイトがアップされました. さらさらの血液としなやかな血管を考える健康サイト「血管しなやかねっと」. そこに「体のサビ度チェック」なんてのがあります. 例によって,やってみました. 私はまだまだ,サビ度は大丈夫のようです..ホッ(^。^) 掘ってみると,血管のこと,いろいろ勉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活習慣病管理料

今回(2006/4)の診療報酬改定で「生活習慣病指導管理料」が「生活習慣病管理料」となり, 「指導」の文字が外れます. 長たらしいから取ったのか,そのワケは,私は存じませんが, 診療行為の中で患者指導はしてあたり前..ということでしょうか. 点数が若干引き下げられ, その算定に必要となる,患者さんに交付する「療養計画書」も…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

生活習慣病予防のための取組体制

以前にも紹介させていただいていますが, 平成17年12月1日に出された「医療制度改革大綱」の4ページに, 「生活習慣病予防のための取組体制」に関する記述があります. 生活習慣病の予防についての保険者の役割を明確化し、被保険者・被扶養者に対する効果的・効率的な健診・保健指導を義務づけるなど、本格的な取組を展開する。 さらにWAM …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

健康づくりのための運動指導者

「健康づくりのための運動指導者普及定着方策検討委員会」の設置について という報告書が, 平成17年7月11日,第15回厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会資料 という形で,インターネット上に公開されています. その主たる運営組織は「財団法人健康・体力づくり事業財団」になるのかな. 委員会では,同財団が昭和63年から養成を進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康長寿?沖縄

「政府管掌健康保険生活習慣病予防健診受診者におけるメタボリックシンドロームリスク保有者について」 社会保険庁は2月16日の「第21回政府管掌健康保険事業運営懇談会」において, 平成16年度に調査した約347万人の生活習慣病予防健診受診者の結果から, メタボリックシンドロームリスク保有者の割合を都道府県別に報告しました. メタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

子供の肥満・糖尿病

「糖尿病専門医、子供の肥満・糖尿病の増加や生活習慣の悪化を懸念 ~子供の健康・生活習慣に関する意識調査より~」 こんなプレスリリースが昨日2月22日, ノボ ノルディスク ファーマ株式会社のWebサイトにアップされました. 昨年11月中旬の1週間,ネットを使って糖尿病のドクター549人から得た意識調査の結果だ. その結果,…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生活習慣病予防士

またまた見つけてしまいました「生活習慣病予防士」. ヤバすぎ!!なんなんだ,この資格? 【生活習慣病予防士】 自分自身と家族を対象としたセルフケアを学ぶための講座です。講座では、必要な知識から実践的なセルフケアの方法までを網羅した内容を学習します。 【生活習慣病予防指導士】 講座では生活習慣病予防を第三者に対して指導する…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

生活習慣病・意識と実態

1,000人に聞くノバルティス ファーマ「生活習慣病・意識と実態」調査(PDF) 製薬会社のノバルティスファーマのページに,こなものをみつけました. 1月25日の同社のプレスリリースです. ・全体の約7割が将来の生活習慣病に対して、不安 ・健康診断を受けた人の5割以上が“要再検査”“要受診”の指導を受けながら、3割以上がその…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

健康見聞録

2006/1/11オープン.キッセイウェルコムさんの「健康見聞録」. できたてホヤホヤだね. 早速,コンテンツを拝見. 健康情報の提供と健康機器の販売..ほかは? おぉ,うちと同じような健康チェックツールもあるじゃん. で後は..パーソナルなデータ管理サービスなんてのが,今後増えてくるんですかね.それと, 自宅で可能な血…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「生活習慣病在宅予防管理支援システム」の実証実験

またみつけました,こんな記事. 今度は日本ケアサプライと横浜市立大学だそうです. 血圧,体重,体脂肪,歩数,血糖(オプション). これらの情報を利用者からインターネットを介してサーバにアップさせ, そのデータを横浜市大が分析して返すしくみになっています. 個人情報保護が厳しくなっている中,セキュリティの確保はどうするのかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疫学からみた運動の効果

私の地元・名古屋大学の先生がまとめられた(らしい)ページをみつけました. 同大学の公開講座「健康開発のための運動基礎理論」で講演された内容なのかな? ・日常生活身体活動量と死亡危険 ・運動強度と全死亡率 ・糖尿病患者の運動強度と死亡率 ・糖尿病患者の運動強度と心疾患 ・歩行程度と心疾患の相対危険 ・高齢女性の身体活動…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

SAS

♪泣かしたこともある,冷たくしてもなお,よりそう気持ちがあればいいのさ・・・ なぁ~んて..サザンのSASではありません. 今回は Sleep Apnea Syndrome = SAS のお話をしてみようかと... 日本語にすると「睡眠時無呼吸症候群」といいます. 眠っている時に呼吸が止っちゃう症状ってこと.正確には, 1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生活習慣病予防・生活習慣改善支援サービス

前にも紹介した「今後の生活習慣病対策の推進について(中間とりまとめ)」の中, 「Ⅴ 生活習慣病対策の推進体制」の 「(4)保健指導のアウトソーシング」の項には以下のような記述がある. 生活習慣病の予備群を中心にきめ細かく個別のニーズに対応していくためには、 ・・・(中略)・・・ 民間事業者は、医療機関等との連携により積極的なサ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

食事と運動そしてタバコ

2005年10月3日,世界保健機構(WHO)はそのレポートの中で, 「Stop the global epidemic of chronic disease」 を全世界に向けて呼びかけている. 慢性疾患によって毎年1700万人もの人が早死にをするという. Currently, chronic diseases are by fa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間作業モデル

愚痴OTさんのブログ「作業療法士の愚痴」より. ■おめでと~ すべての作業は個人の環境で生じるものであり,環境は時に遂行の機会を提供し,時に特定の行動を求めて圧力をかけるものである.つまり人間作業モデルは,行動に対する動機付けや日課や生活様式へとパターン化すること,熟達した遂行の特性,そして作業行動に対する環境の影響に焦点を当ててい…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

1に運動,2に食事

「1に運動,2に食事,しっかり禁煙,最後にクスリ」 これはなに? スローガン?キャッチフレーズ? 運動に食事に..で禁煙がきて,最後はクスリだって? まさかこの最後の「クスリ」っていうのは,麻薬のことではないでしょうね?..失礼m(__)m さて,このキャッチ(とさせてください)は何なのか? 平成17年9月15日, 「…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

行動変容

■リハの目的は行動変容の促進? このブログによくコメントをいただいているぷろPTさんが,大変興味のある記事をアップしてくれました. 東京出張に出ていて,すぐに返すことができない間にたくさんの方のコメントもついて,それも合わせて本当に興味深く拝見させていただきました. 行動変容..一般では聞き慣れない,難しい言葉ですよね. …
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

「W/Hチェッカー」-健康チェックツール(その2)

W/Hチェッカー...?? なんじゃ,それ?..だよね. W(Waist)はウェスト,Hはヒップ(Hip)./は割り算で,ウェスト÷ヒップってこと. つまり「ウェストとヒップの比」なんです. ここで腹がボテッと出た中年のおっさんと,お尻がボヨ~ンとしたおばちゃまをご想像あれ. おっと... 腹が出てればこの値は大きく,尻…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

健康フロンティア戦略

「健康フロンティア戦略」って聞かれたことはありますか? 聞きなれない言葉ですよね. でも,これに来年度は1,393億円もの厚労省予算が要求されているんですよ. 「健康フロンティア戦略の更なる推進」 「生活習慣病対策」と「介護予防」の2本柱. 前者は,糖尿病,高血圧などのメタボリックシンドローム, この予防のために健診や保…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more