テーマ:

最期のイメージ

あなたは「QOD」という言葉をご存じだろうか? 8月5日に行われた「第20回社会保障制度改革国民会議」の資料(案)として、首相官邸のウェブサイトに掲載された資料の中に見たものなのだが…。 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokuminkaigi/dai20/gijisidai.html h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光の中へ

俺はもう光の中に入った、おふくろにも兄貴にも逢ったから安心しろ!遠藤順子「夫の宿題」PHP研究所(2000) これは遠藤周作が臨終の際に,妻・順子さんに伝えたメッセージだという. この6月4日で父が亡くなって丸2年になる. 不幸にも私は当時渡米していて, 遥か彼方のナッシュビルから冥福を祈ったため, 臨終の顔も,死…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

残念大賞

暮れも近くなってくると,いろいろな大賞が発表されます. 1年の総括ですね. そこで,今日は私の今年の残念大賞を考えてみます. なんで残念なんだよって? だって,思いついたのがこれだったのよね..寂し~い. 骨粗鬆症なんて診断が下され,いろんな検査をし, いまだにボナロンのお世話になっていること. う~ん... で…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

最近泣いた本

楽になりたいの。そう思うのはいけないこと?これは押川真喜子著「在宅で死ぬということ」の中の一文です. 押川さんは,聖路加国際病院で働く訪問看護師. これまで何百人と,人の死を在宅で看取ったという. 私が読んだのは, いまから3年前の4月,文藝春秋から出版された単行本が, 昨年11月に文庫本になったものなのだ. …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more